とーふlist

うつ病と診断され大学を休学中。←現在、復学し前に進む準備中。人生を身軽に生きてみたい!とーふlist 。Twitterもやってます。とーふlist@tofulist

スポンサードリンク

パターン化した人生は常識的ではあるが、正義でも唯一の生き方でもない。

f:id:tofulist:20170619194909j:image

こんにちは、とーふです。
お越しいただいてありがとうございます!
 
 
 
最近、巷では私服の制服化など色んなものをパターン化することが流行っている感じがする。
 
 
何でもかんでかんでも、パターン化パターン化しているのをみていると、ちょっと訳がわからなくなってきたので、とーふなりの考えをまとめてみる。
最近パターン化に興味がある人、否定的な人、やっている人、様々な考え方が出てくれば良いなと思っている。
 
 
 

パターン化のメリット・デメリット

「最近、巷では私服の制服化など色んなものをパターン化することが流行っている感じがする。」
これですね、これ
確かに迷う時間は減らせるし、思考も整理できるかもしれないけど、何かあるごとに自分を振り返ってTPOや年齢、流行などに気にする時間も必要な時間ではないかと、とーふは思うのです!
 
 
これじゃなきゃいけないと言う考え方は、ある意味その考え方に支配されていませんか?
自由なのに自由じゃないというのは、どうしても違和感があります。
 
 
パターン化はアップデートしていけば、滅茶苦茶楽です。
これは認めます。
適度なアップデートがあれば、むしろオススメと言っても過言ではありません!
 
 
 

無難ってある意味、強い主張を感じる。

パターン化している人は、していない人に比べるとものが少ない傾向にあります。
ものが少なくてパターン化している人は「無難」な印象を受けます。
これは決して悪い意味ではありません。
 
 
パターン化するためには、着やすさや着回し力、清潔感が重要です。
それを追求していくと、格好や持ち物は世間でいう多数派に寄っていってしまいます。
 
 
多数派はいつしか常識となり、少数派を飲み込む。
 
 
私の個性的だといわれていた友人たちも、社会人となり少数派は歳を重ねるごとに減っていきました。
 
 
人間、大きな枠組みがあると、その枠にはまってしまい本来の自分の形を忘れてしまいます。
本当は新しい自分の枠や外側にだってつくれるし、行けるのに変化をおそれ、大きな枠組みの中で閉じこもって生きていくことになります。
 
 
 
あらためて書くと、多数派の影響力半端ないですね(笑)
 
 
 

欲しいもの、着たいもの、食べたいもの、生きたいように

人はいつか死んで肉の塊となります。
そのいつかは人それぞれわかりませんが、今はもう過去です。
時間は途切れることなく進んでいきます。
 
 
そう考えると自分の1度きりの人生、リセットボタンもセーブポイントもないスリル満点の日々をなのだなと少しこわくなりました(苦笑)
 
 
人間は理性的なケモノです。
だからこそ、私たちは「生きるため」だけではなく「楽しむ」という無駄な時間を使うことが出来るのです。
 
 
有り難くも、表面上は平和な日本という国に生まれることが出来ました。
生きる以外の時間の使い方をしても許される場所です。
 
 
選択肢があるという環境は、自分の思うよりも幸せだと言ってもいいです。
しかし、選択肢が多くて悩んでいるという状況は自分のポテンシャルというか、力量を見誤っています。
 
 
目が曇っているんですね!
 
 
自分のことを過大評価しないで、客観的に見つめたとき、選べる選択肢は決まってくるはずですから。
 
 
 

非常識は常識的ではないが、間違いではない。

多数派は常識的でありますが、唯一の考え方ではありません。
 
 
多くの人があたりまえのような顔をして、常識人であろうとしているのかもしれません。
 
 
しかし、とらえ方を間違って欲しくないのは常識は多数派の大きな流れであって、必ずどこかに小さな流れも存在していると言うことです。
 
 
大海も、水たまりも大きくくくれば同じ水!
 
 
 

まとめ

とーふも日々、多数派の常識にとらわれながら生きています。
 
 
 
自身が少数派であるときも、多数派に飲み込まれることをおそれています。
ヘタレだとチキンだと思われるかもしれませんが、本当のことです。
 
 
 
自分の目が曇らないように、自身の出来ること、やりたいこと、選べるものを今一度見直してみるのも良いかもしれません。
ボトムアップの考え方ですが、トップダウンの考え方で、ゴールするために(またはその先のために)今何をすべきなのかを考えてみるのも、なかなか鬱になって楽しいです!(血反吐)
 
 
 
 
私は大学に復学してから、毎日奇跡を、努力を噛みしめています。
2年間を走りきった私が選択するのは、どんな未来でしょう。
 
 
今でも少し先のことを口にするだけで、みぞおち辺りが重く冷たくなります。
挫折したら後悔はします。
のたうちまわります。
それでもきっとちゃんとご飯を食べて、お風呂に入ってと生きるための行動をとるでしょう。
 
 
「パターン化した人生は常識的ではあるが、正義でも唯一の生き方ではない。」ということが少しでも伝わってください。という気持ちでこのブログを書いています。
 
 
 
伝われ~つ~た~わ~れ~←こんな感じで書いてます!!
 
 
 
 
 
それでは・・・・・・
 
じゃあ恒例のいきますか!  
※このブログ内だけです。流行らせようとしています。
 
 
はい吸ってぇーーーー(スゥーーー)
吐いてぇーーーーーーーーー(ハァーーーーーーーーーーー)
 
 
ちなみに吐く息を長くしたほうが、自律神経の副交感神経を刺激して体がリラックス方向に傾きます。
深い呼吸しましょう。そしてリラックスして、脳に酸素を届けましょう!
 
 
知らないうちに、無意識に、笑っているあなたになりますように
 
 
今回もここまで読んでくださってありがとうございました!!

思考・言葉・行動・習慣もミニマムに。目的のための荷物をそろえよう。

f:id:tofulist:20170616200609j:plain

こんにちは、今日は大学が休みだったのでお風呂に2回入ったとーふです。                

お越しいただいてありがとうございます!

 

 

今回のテーマは「思考・言葉・行動・習慣もミニマムに。目的のための荷物をそろえよう。」です。

久しぶりのミニマリスト・シンプルライフ系の記事になります。

 

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。  マザー・テレサ

 

 

という彼女の言葉を参考にタイトルを決めさせて頂きました。

この言葉はふとした拍子に私の胸を通り過ぎます。やっぱり同じように発した言葉でも、誰が言うかということで人は耳を傾けます。格が違う時代を超えて伝わる言葉の力は凄いなと感じます。

 

 

ミニマル・ミニマムな心

リアルな荷物という意味ではだいぶ捨てたと思います。

しかし、それは私の感覚であって他人の感覚ではまだまだかもしれません。特にこのブログ村に登録されているようなミニマリストや断捨離、シンプルライフを送る人と比べたらひよっこです。へなちょこです。

 

私の感覚としては、自分のものをちゃんと全て認識できていたら持っていても問題ないのではないかと思います。

それ以上は、旅行や引越しなどで移動するときにさらに捨てたり譲ったりすれば良い話だという考え方です。

決して無理やり捨てることをしなくても、適度な余裕やムダなものは生活を豊かにしてくれます。

 

ただ今の私に必要なものが今の量なだけの話なので、これからも少し減ったり増えたりしていきますが、大幅な変化の予定は今のところありません。

 

必要なものを敢えて言うのなら、以前北海道旅行をした時に感じた30Lのリュックサックでしばらくは暮らせると思います。(PC・スマホ・財布・着替え数日分・・・十分かな)仕事などの荷物を含まずに、「暮らせる」と」いう点に特化した場合です。日本の場合、必要ならば100均い行けば何とかなることがほとんどです。

 

要は、マキシマムな意識をミニマムな意識に変えることが手っ取り早いです。

 

 

心が身軽になることが最強です。

 

 

私の最近のミニマリズム

モノや心の在り方をここで短い言葉で記すことはできませんが、私の最近のミニマリズムは「うつ」という病気にミニマルな気持ちで向き合うことです。

今まではネガティブな気持ちのマキシマリストの上級者でした。

 

「うつ」という病気は感情のマキシマリストの上級者がなり易いのではないかと思うようになりました。

 

私が通っているクリニック(家から遠い)に行くペースは症状が落ち着いてきたのもあり、月に1回です。

しかも私が運転はしません。車を両親から借りることもできますが、薬の副作用や気持ちの面での不安からクリニックまで遠いところまでは怖くて運転ができません。

母に病院に行くときは仕事を都合してもらうので申し訳ないと思っています。(母の仕事は忙しいですが、融通がきくところなのでありがたいです。)そのため、時間が取れないときはお薬だけもらうこともあります。

 

 

「うつ」という病気を治すという目的のために今の私がすべきこと

最近は大学生になり、長い電車通学やクリニックの都合のため先生に受診ができませんでした。(すみません。言い訳です。)

 

数ヶ月ぶりに何を話せば良いのかと簡単に記します。

・挨拶

・前回と比較した最近の体調

・薬の効果

・質疑応答

・挨拶

 

 と書いてみると意外と簡単です。もう1度言います。

書いてみると意外と簡単です。(真顔)

 

久しぶり過ぎて、先生に対しても人見知りが爆発しそうです。

 

今までは毎日つけていた体調管理の記録用紙(コピー用紙5枚)を1ヶ月ごとに持って行っていました。

いつからかはもう覚えていませんが、記録をすると不安感が小さくなるようになりました。

 

1度さすがに毎回毎回量もあるしウザイかなと思って、聞いてみたことがあります。

 

とーふ「先生、さすがに毎回毎回ちょっと多いですかね・・・。毎日やってないと不安で・・・。」

先生「(私の様子を見て、記録用紙を見て)全然大丈夫!」

とーふ「(疑惑の目)」

先生「本当、本当。これ助かるよ。わかりやすいし。内科とかで言うところの血圧とかの記録一緒よ。」

・・・・

そっか、一緒か。うん、一緒なんだ。重いとか思われてなさげか。

 

 

しかし数ヶ月受診していない間にPCのバッテリーが壊れて、自分のPCが使えなくなりました。

大事件です。非常事態です。

臨機応変に対応できないゆとりですがなにか。(°_°;)(; °_°)

※PCを買い換えることで解決しました(泣笑)

 

www.tofulist.com

 

 

www.tofulist.com

 

 

 

やらないといけないことは意外と少ない

そこから何とか他のPCを使わせてもらええるようになっても、半年以上続けていた習慣をやめてしまいました。

 

今はもう踏ん切りがやっとついてきた感じですが、当初はナメクジみたいにジメジメしていました。

やっとポジティブに考えられるようになって「私はこの習慣を断捨離したんだ!(泣)」と思えるようになりました。

 

習慣を1つミニマルにして、時間が増えました。結構記録には時間をかけていました。

今はブログ・勉強という自分がしたいことに時間をかけられるようになりました。

 

私にはちゃんと口があるので細かいことは先生に伝えたいてみたいと思います。(先生と話すのは好きかな)

それでも簡単なメモで大まかなことは書いておくと診察もスムーズになると思います。

・前回と比較した最近の体調

・薬の効果

 

この2つは押さえておきましょう。

 

 

まとめ

手段に時間を取られるのはもったいないです。

手段は目的を達成するための選択枝でしかないのですから。

 

ネガティブな思考をミニマムに

ポジティブな思考をマキシマムに

 

目的のために考えましょう。

目的のために発言しましょう。

目的のために行動しましょう。

目的のために続けましょう。

いつかその目的は叶うでしょう。  トーフ・テレサ

 

 

最後は少しふざけましたが、書きたいことは書けた気がします!

目的と手段を混同しない限り、毎日目の前のことを続けて、ふと目線を上げれば何のために自分がそんなことをしているのかわかるようになると思います。

 

そうすることで今の自分に必要な荷物だけ持つことができるようになります。

似合う服が年を重ねるごとに変わるように、必要なものも、その時の私たちが必要なものは決まってきます。

 

 

「思考・言葉・行動・習慣もミニマムに。目的のための荷物をそろえよう。」トーフ・テレサ

 

 

 

それでは・・・・・・

 

じゃあ恒例のいきますか!   

※このブログ内だけです。流行らせようとしています。

 

はい吸ってぇーーーー(スゥーーー)

吐いてぇーーーーーーーーー(ハァーーーーーーーーーーー)

 

ちなみに吐く息を長くしたほうが、自律神経の副交感神経を刺激して体がリラックス方向に傾きます。

深い呼吸しましょう。そしてリラックスして、脳に酸素を届けましょう!

 

 

知らないうちに、無意識に、笑っているあなたになりますように

 

 

今回もここまで読んでくださってありがとうございました!!

自分の方向性を言語化出来ますか? 言語化することで自分でも知らなかった自分を知ることになる。

f:id:tofulist:20170611194227j:image

こんにちは、とーふです。
お越しいただいてありがとうございます!
 
 
この記事のテーマは「言語化」です。
最近私は、大学で自分の将来のことや考え、方向性などについて言語化する機会がありました。
 
 
以前の記事で未来の将来設計をブログに書きました。
書くことでも、自分の方向性を文章化することでみえてきたものがありました。
 
 
それを今回は、具体的に人に話して言語化してみた経験から得られたものを書きます。
 
 
 

言語化するという作業

言語化するということは、感情であったり考えの輪郭をなぞるような作業です。
その輪郭の線をどれだけ何度もなぞることで、最初は震えるような線でも濃く太く力強くなっていきます。
 
 
私は大学のゼミの先生に「今の体調」「現在困っていること」の延長線上の流れ、そして人数の少ないゼミですから「将来の方向性」や「興味のあること」を、先生に聞かれ話す機会がありました。
 
 
今度それをレポートにする機会もあるので、言語化からの文章化という、輪郭を何度もなぞる作業をすることになります。
 
 
 

求められていること

現実を見据えた内容にしなくてはなりません。
雲を掴むような内容では話になりません。
 
 
 
○○しなくてはという感覚では、本当の意味で自分のことを言語化していません。
相手の望むような言葉を言語化してしまっては意味がないのです。
 
 
人はよく見せようとしてしまいますが、人は自分が思っているよりも他人の人生に興味がありません。
 
 
どのくらい自分の現状を把握しているか
なぜそのことに興味があるのか
目標は何なのか
目標と自分は同じ方向性にあるのか
などなど
面倒くさいことを書きましたが、履歴書や自己アピールなどで聞かれることを考えると、ここにあげたことは聞かれがちな事柄ばかりでしょう。
 
 
 

言語化することで知らなかった自分を知る

これは「何故当社を選んだのですか?」とも通じるところがありますが、ここがハッキリしていないとグダグダになってしまいます。
聞かれても「えっと、何というか・・・しどろもどろ」みたいになってしまいます。
 
 
そもそもの話なのですが、自分が興味のあることと自分が今進んでいる方向があっているのかということです。
 
 
就活の面接練習や、とーふでいうところのゼミの先生との話し合いという名の(2時間くらい)探り合いで自分の現状を把握することが出来ます。
 
 
何度も自分の言葉にハッとさせられます。
「自分ってこんな風に考えて人に伝えられることが出来たのか」←自分の中の情熱に気づきます。
「喋っているうちに内容が大分具体化したかも」←輪郭がハッキリしてきます。
「あれっ? ちょっと自分の興味のある分野と今進んでるとこ違うくない!?」←このとき自分で喋っておいて震えます。
 
 
 
とりあえず語ってみるのは大事です。
自分の中の思考をアウトプットしてみましょう。
文章化という輪郭とはまた違った、言語化という輪郭がみえてきます。
 
 
 

わかったこと

とーふは数ヶ月前まで自分の中の興味のあることもわからないし、生きてることも面倒くさいので、そんな意識高い系のこと言われても(モゴモゴ)な感じでした。
未来とか将来とか言語化とか、・・・日本語ですか? と本気でおそれていました。
 
 
 
体調が良くても悪くても、生きているだけで自分的には迷惑かけっぱなし現在進行形です。
私は今回大学でゼミの先生(私の事情を知っている)に自分の方向性や興味のあること、現状困っていることまで様々なことを話しました。
 
 
何もみえてこなかった私が言語化通してわかったことは、特別な才能も資格も持っていないが、自分のこれからできることを教えてもらえるチャンスでした。
 
 
興味のある方向性に向けた就職先について話したり、とーふは3年生ですが、卒論の書き方とかも話に出たりしました。
講義で言うところの「余談」というものになりますかね。
 
 
話を聞くのは一人の指導者にこだわらなくても大丈夫です。
指導者一人一人の癖があります。
その人たちの「余談」には、ほんとに余談の時もありますが目から鱗のようなときもあるので新鮮な情報だけでなく、その人の経験にはとても価値があることに気づきました。
 
 
 

まとめ

言語化するときには、相手のわかる言葉を使うことはもちろんですが、何よりも自分の言葉で話しましょう。
相手の時間を奪っているわけですから、何も話の種を持たずに行くのは失礼です。
※一人で喋るのはさみしすぎるので、出来れば回避して下さい。とーふは心が折れそうになりました。
 
 
 
とーふは被害妄想で「いつ罵倒されるのだろう」「失望されてないかな」とかいつでも思っちゃいます。
それでも人はいきなり罵倒してこないのか、失望するほど期待されていないのかということを、短期間の間に知りました。←でも妄想はとまらない。
 
 
 
好きなもの、嫌いなもの、将来のこと、自分の悩み、いくらでもテーマあります。
自分の始めやすそうなもので構わないので、言語化してみませんか?
自分でも知らなかった自分を知ることになるかもしれません。
 
 
 
 
 
 
それでは・・・・・・
 
じゃあ恒例のいきますか!  
※このブログ内だけです。流行らせようとしています。
 
 
はい吸ってぇーーーー(スゥーーー)
吐いてぇーーーーーーーーー(ハァーーーーーーーーーーー)
 
 
ちなみに吐く息を長くしたほうが、自律神経の副交感神経を刺激して体がリラックス方向に傾きます。
深い呼吸しましょう。そしてリラックスして、脳に酸素を届けましょう!
 
 
知らないうちに、無意識に、笑っているあなたになりますように
 
 
今回もここまで読んでくださってありがとうございました!!