読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とーふlist

うつ病と診断され大学を休学中。←現在、復学し前に進む準備中。人生を身軽に生きてみたい!とーふlist 。Twitterもやってます。とーふlist@tofulist

スポンサードリンク

「何で働かないの?」と聞く人たちと、うつ病である今の私の将来設計。

f:id:tofulist:20170428174915j:plain

こんにちは、とーふです。         

お越しいただいてありがとうございます!

 

 

経済的に自立できていない2○歳とーふには「働いている人」が眩しく映ります。

今回の記事は、働いていない人、働けない人、働きたくない人に向けて書きます。

 

「うつ病」という診断をされた人で働いていないことに引け目を感じている人のあるあるや、前に進んでいる人には過程として楽しんでもらいたいです。

 

 

「何で働かないの?」と聞く人たち

直接的に聞く人は少ないですが、「何で?」という顔をしている人はいて、結構顔に出ているので少し気をつけてもらえると嬉しいです。ハイ。

顔に出る人や直接的に聞いてくる人は、よっぽどなKYか純粋な人? なので、その言葉はかなり胸に刺さります。

 

世間的には、働かない人間=ニート=クズという公式がどこか成り立っているように思います。

 

さらに私のように働いていない人は、かなり自分に自信がない状態なので聞かれても「えっと、えっと、ええ・・・すいません。」ってなってしまいます。

基本的にコミュ障なんです。

急に問い詰められたら、ダメな子丸出しになっちゃいます。

 

 

今の私の働けてない理由? そして今。

今までのバイトなども短期のもので、長期だと良い条件のものでも躊躇してしまいます。

さらに今までの成功体験をチャラにするように、失敗体験が続いたため「また失敗するのではないか。((((;゚Д゚))))」になってしまいました。

 

現在の肩書きは休学中からの復学ニートです。

この状態になってしまったから、再びリアルの世界に馴染めるのだろうかと、外に踏み出すのが怖くなりました。

履歴書は書けても、途中で気持ち悪くなってしまいます。

 

 

そうです。

ただの根性なしです。親のすねかじりです。社会不適合者です。・・・と、まぁ自分を卑下してしまうようになってしまったのです。

 

最悪な状態の時は、そんなことばかり考えていて1歩も前に進めませんでした。

今は少しずつですが、資格の勉強や、大学での単位の活用法を考えるようになりました。

 

人から見れば大したことのないと思えるほどの遅い歩みですが、私の中では2年半かけた激走です。

 

 

働かなくてはいけないと思っている私。刷り込まれた常識。

幼い頃から「大人になったら、できれば大学を出て安定したところで正社員として働くんだ。」と漠然と思っていました。

 

この考えは、冷静に思い返すと共働きの両親が当たり前のように働いていて、周りには専業主婦がいませんでした。

一見フラフラしている人でも何かしらの仕事をしていました。

 

そんな現代社会では多い状況下の中で、私の考え方はいつの間にか偏っていっていました。

働かない人間=ニート=クズという図式は私の中で、気づかないうちに蓄積されたものだったのかもしれません。

 

高望みはしてはいません。

実家暮らしなので家賃はないですし、貯金は少しばかりあります。(学費に消えました)

 

それでも、食費とかくらいは家に入れたいと思うのは20歳を超えた人間なら思うことがあると思います。

 

 

休学のとき私の状態は「足踏み」という段階だそうです。←現在爆走中(※個人差ありの歩み)

歩き出すために、準備運動をしているのだと言っていくれた人もいます。

 

 

時は金なりという言葉がありますが、学生の私には時間があります。(心の余裕がないだけで)

この時間を「どう使うか」が、無駄になるかになるかの分かれ目です。

 

 

時は金なり。今の私ができること。

今の私ができることです。

 

できないことや、理想を語っても「一人でやってれや。」だと思います。

することというよりも、できることのグレーゾーンまで上げる方が有益です。

 

私は「しなければいけない」と強く思ってしまうと、簡単なこともできなくなってしまいます。

うつ病の人にはあるあるで、この強迫観念の思想が強い人が結構いらっしゃるのではないかと思います。

 

今の私にとって苦しまずにできることを考えてみました。

できること、

 

・治療を続けること

・読書すること

・勉強すること(トラウマを思い出させないものはないので少しずつ)

・とーふlistを更新すること 

 

 

などだろうか、わかっていましたが基本的に少ないですね (笑)

 

 

私は上記のようなことを、考えて何か「資格」をとってみるのはどうだろうか? 

①お金の流れや人生設計に興味がある。

②社会的に求められている。

③今までの経験を活かして考えるなら。

 

 

そこで資格として1番興味があるのは、①FP(ファイナンシャルプランナー)3級の資格です。←現在復学の恐ろしさを知り、進んでいません。

教材などを買って、少しずつですが調子が良い時に勉強しています。

 

②は、PC関連の資格など家の近くにパソコン教室があるのと、このブログを始めたことで興味が大きくなってきました。

 

③は、1番実用的で職にもつながりやすいのですが、トラウマ的な問題で考えるのは、少し時間がかかりそうです。←復学してからめっちゃやってます!

 

 

小さな歩みですが、前に進んでいます。 

※進んだり、さがったりすることが多いですけど。

 

 

日々働いている人を尊敬してる

もう本当に日々働いている人には頭が上がりません。

コレはもう反射といっても過言ではないでしょう。

 

基本的に、人は自分ができないことをできる人を素直に尊敬します。

 

自分で社会の中で居場所をつくり、コミュニティに入り、そこでコミュニケーションをとり、もう今の自分に足りないものだらけです。

 

それでも「仕事を楽しんでいる人は最強」だと思っています。

 

そんな人に普通の人は勝てません。

そもそも勝ち負けの概念は、ナンセンスです。←誰だよ

というか、その場所でダメでも他のところで「楽しんでやれていた」という成功体験があります。

 

 

結果「楽しんでいる」って人生において、最終的な勝ち組な気がします。

 

 

まとめ

とりあえず、時間がかかっても良いから①の資格はとろうと思います。

時間はあるので、心に余裕が出来て、唐突にブログにもその様子を書き始めると思います。

 

③は現在進行形で大学に復学したので、単位修得中です!

 

 

あれこれ書きましたが、この記事を書いた時には「未来」を意識してビジョンとやらをみることができました。

 

現在は計画を詰めてもっと③が具体的になってきているので、①②の時間がなくなるかもしれません。

嬉しい悲鳴なのかもしれませんが、まだまだ不確定な要素も多く不安材料がいっぱいです。

 

 

またTwitterやらブログで報告していきたいと思います!

とーふlist (@tofulist) https://twitter.com/tofulist?s=0

 

 

 

それでは・・・・・・

 

じゃあ恒例のいきますか!   

※このブログ内だけです。流行らせようとしています。

 

はい吸ってぇーーーー(スゥーーー)

吐いてぇーーーーーーーーー(ハァーーーーーーーーーーー)

 

ちなみに吐く息を長くしたほうが、自律神経の副交感神経を刺激して体がリラックス方向に傾きます。

深い呼吸しましょう。そしてリラックスして、脳に酸素を届けましょう!

 

知らないうちに、無意識に、笑っているあなたになりますように

 

終わります。お疲れ様でした。長いし眼精疲労だったことでしょう。

ここまで読んでくださってありがとうございました!!

日々の生活で持ち物が少ないということは、私にとって「楽」をするということ。

f:id:tofulist:20170426193623j:image

こんにちは、とーふです。
お越しいただいてありがとうございます!
 
 
久しぶりにミニマリスト、シンプルライフ的な記事を書いてみます。
ちょっとブログ村にお世話になっている身としては少し不義理だったかなーとか、ふと思いまして。
 
 
 
 

思考はマキシマム

私はうつ病ということ以前に、考えること思考することが好きです。
それはあるときは、長所であり短所です。
頭の中はだいぶマキシマムだと思うんですよね。
 
 
だからこそ、自分の持ち物くらいはミニマムにしておきたいという気持ちがあります。
 
 
思考もシンプルにすることは、整理するときには必要ですが普段の生活で私は求めていません。
 
 
この思考は言葉にしたり、文字にしたりしないと他の人に伝わることはありません。
私自身がこのめんどくさい思考回路を嫌いで気に入っているところがあるので、他の人に押し付けるつもりはありません。
 
 
愛着のある自分の持ち物と一緒です。
 
 
 
 

体調が悪いときに片付いていないのは苦しい

躁鬱の症状がでるときに、頭の中の整理でいっぱいで自分の持ち物の把握までにいたらないことがあります。
体調が悪いときに自分の周りが整理されてないと、非常にテンションが下がります。
 
 
ちなみに、私は自分の持ち物には自分が決めた定位置に居て欲しいと考えるタイプです。
だからトートバッグとかは少し苦手です。
バックインバックやポーチなどを使用して、物の定位置を決めたがります。
そして、それがそこにないと非常テンパります。
 
 
話を戻すと、私にとって日々の生活で持ち物が少ないということは「楽」をするということ。
 
 
 

心の中が片付いてないと持ち物も増える

これはよく言われることですすよね。
 
 
私も病気になったり、復学したりしたときに荷物が異様に増えました。
理由としては「不安」なんですよ。「不安」。
 
 
「こうなるかもしれない」「いざというときに必要かもしれない」と、○○かもしれないという、来るかも分からない、っていうか来ないであろう事態に備えるという・・・
 
 
 
いらねーよ。
荷物多いよ。
リュックでもカバンでも肩とれそうだよ。
 
 
という状況に現在進行形で陥っています(笑)
私のような人間はもうマルチタスクとか言う前に、事前準備の大切さが大事です!
 
 
もう頭がパニックで、すでにぼっち感がある感じなので、全部自分で背負い込むしかないとどこかで思っています。
心が汚部屋というか重い。
おっもい!!!
 
 
そりゃあ荷物も増えますわ。
世間言われている「心=部屋=荷物」とか納得です。
 
 
 
 

人間は楽をしたい生き物だ

人間、楽をしたい生き物じゃないですか!
私にとって楽をするということは、整理すること→そもそも整理する持ち物が少なければということに繋がります。
 
 
私は普段から出かけるときに準備に時間をとられるのが嫌いです。
そして、自分が嫌いなことを他の人にもしようと思いません。
待つのはそんなに苦ではないのですが、待たせることには苦痛を感じます。
 
 
持ち物が少ないというよりも、自分の持ち物を知っていると「楽」です。
 
 
 
 

私のカバン

私は無印のバックインバック(ショルダーつき)を普段使いとして愛用しています。
大体どこでもこれ一つで充分ですが、カバンを変えるときも、もともとバックインバックであるこれを一つ放り込みます。
 
 
旅行でもサブバックとして大活躍です。
無印の商品は好きですが、初めて買ったこのバックが一番使っている、役に立っていると言っても過言ではありません。
 
 
高いものでもないので、ジーンズ地の濃いブルーと薄いブルーがあるので数年に一回新調しておけば気分もあがるでしょう。
私も無印良品週間に合わせて買いかえました。
 
 
※決して無印良品を否定するつもりはないのですが「収納は無印。お菓子は○○。化粧品は○○。」と決まりがある人がある人は1つ1つのモノにお金をかかるタイプのミニマリストかなと思っています。無印良品さんは大好きです。←媚びとる
 
 
 
 

みなさんも「楽」してみませんか?

ものを減らすだけが「楽」に繋がるとは思っていません。
 
 
自分らしく、自分のやり方で「楽」をすることが細く長く続けていくのに一番の暮らし方だと思います。
頭の中はインプットばかりしているともったいないように、思考も荷物もアウトプットしましょう。
 
 
「楽」は「らく」でもありますが、「楽しい」でもあります。
モノを捨てたり、整理したりすることは楽しくなかったらしなくても良いと思います。
 
 
お金があるのなら、時間や手間をお金で買いましょう。(業者、ルンバ、乾燥機、食洗機など)
全く悪いことではありません。
 
 
お金がないのなら、少しモノを
私はそうしているうちにモノが少なくなって、暮らしやすく「楽」になりました。
 
 
生きてるだけで面倒なことが多いですから、出来るだけ楽しましょう!
 
 

余談

それにしても医療系の学生のカバンの重さって殺人的ですよね。
ロッカーあってもなくても、基本は全部持ち帰りだから復習やらレポートやらで、予習が追い付いてませんよ。ホントに(真顔)
 
 
みなさん電車などで邪魔な馬鹿デカイ、リュックやカバンを持っている学生が居たら優しく見守ってあげてください。
本人が一番重さにやられていますから・・・
 
 
そして下手すれば、10kgくらいある日もありますから・・・
医療系の学生のカバンの重さの話は長くなるので、また今度余談で(^ ^)/
 
 
 
 
 
それでは・・・・・・
 
じゃあ恒例のいきますか!  
※このブログ内だけです。流行らせようとしています。
 
はい吸ってぇーーーー(スゥーーー)
吐いてぇーーーーーーーーー(ハァーーーーーーーーーーー)
 
ちなみに吐く息を長くしたほうが、自律神経の副交感神経を刺激して体がリラックス方向に傾きます。
深い呼吸しましょう。そしてリラックスして、脳に酸素を届けましょう!
 
 
知らないうちに、無意識に、笑っているあなたになりますように
 
 
今回もここまで読んでくださってありがとうございました!!