とーふlist

うつ病と診断され大学を休学中。←現在、復学し前に進む準備中。人生を身軽に生きてみたい!とーふlist 。Twitterもやってます。とーふlist@tofulist

スポンサードリンク

うつなのに友人たちと旅行の約束をして、実際に行ってみた件~2拍3日北海道編~③in網走・層雲峡「クリオネと流氷と氷瀑(ウェディング)まつりをみたよ!」

こんにちは、とーふです。
お越しいただいてありがとうございます!
※手直し移転過去記事です。

 

 

今回も引き続き、北海道旅行の話になっています。予定では次回が最終回です。

 

前回の記事「うつなのに友人たちと旅行の約束をして、実際に行ってみた件~2拍3日北海道編~②霧の摩周湖と氷瀑祭りin阿寒湖」を読んでくださった方ならわかるかもしれませんが、このツアーは非常に日程がタイトに組まれています。

 

tofulist.hatenadiary.jp

 

 

tofulist.hatenadiary.jp

 2日目、6:30朝食の7:40出発です。


しかし、朝が弱い他の3人は「朝風呂行きたいよね! 折角だし!」という多分起こすのは私になるようなことを昨夜言っていたので、5:15には起床し5:30になる頃には皆を起こしました。
(ちなみに3日目の朝も同じことが起きました。)気持ちは分かりますが、より眠る時も起きる時も緊張状態が続きました。

本当に他人が周りにいるだけで眠れないのです。薬がなかったら、眠ることができなかったことでしょう。

 

 

今日は、白鳥のいるという池に行き(しかし白鳥はいなかった。まだ地元方がいると思ってしまった)、ちょっとしたお土産屋さん兼パーキングエリアに寄って、海鮮丼を食べました。

 

 

さて、とうとう私たちのメインの流氷です! おーろら号(全員で集合写真)に乗り込み、私たちが行った日は有難いことに天気が良かったせいで「流氷があまり期待できない。」と言われていましたが、流氷がみれそうなポイントを発見したのか、5分延長して無事流氷を見ることができました。

 

 

初めてみる光景に、自然の凄さに私たちは感動しまくりでした!!
写真に動画に心に記録するのに、一生懸命でした。
流氷を突き進むようにおーろら号の後ろには、深い緑色の道ができていました。

f:id:tofulist:20170318064631j:plain

旅の道中、いちいち北海道の自然の雄大さに、飲み込まれそうでした。バスの中から、キタキツネなどを見ることができた。(友人は流氷ドラフトなるものを飲みながら感動していました。まさに海の色でした。)

 

その後、オーロラ館というところに行き、流氷のできるまでのスライドショーや-12度の部屋で濡れタオルを振り回して、凍らしてみたり、展望台から雄大な景観を眺めたりしました。

 

おーろら号でもみたクリオネが泳いでいる水袋をみましたが、先におーろら号でみてしまっていたので感激は半減でしたが可愛かったです。(共食いするとは思えない外見。)

f:id:tofulist:20170318065530j:plain

それとタイヤチューブのスライダーやプラスチックの板を敷いたスライダーをしました(凄い怖かった。楽しかったど。長いし速いし)。
残った時間で5分くらいのポニーが引っ張ってくれる馬車に乗って、最後に流氷ソフトクリームを持って集合時間ギリギリまで楽しみました。

 

ツアーのおじいちゃん、おばあちゃんたちは何回も時間の限り滑り続ける私たちを温かい目でみていました。

 

 

 

ここからは移動、移動、移動です。

 

 

2日目の宿は、層雲峡。
そこまで、ガイドさんが様々な網走の話や流氷の話、アイヌの話、北海道にまつわる歌などを歌って盛り上げます。

これから行く宿の話などをしつつ、他の3人は朝が早かったためまたも爆睡。

 

 

・・・・数時間後。かなりの急角度で山を登り層雲峡に着きました。

 

食事の時間の変化はありませんでしたが、ホテルと食事のランクがかなり上がりました! まぁ、2日目に下がることはないとは思ってましたが、やはり嬉しいものです。
昨日は魚介、今日は肉ときのこ類がメインでした。

食事の最中に窓の外にエゾシカが来ているのがみえました! 「流石、北海道!!」と思いました。

f:id:tofulist:20170318064704j:plain

そして、ツアーの名前にもある2回目のお祭りの時間です。
無料のシャトルバスに乗って入場料300円。

「層雲峡第41回氷瀑祭り」に参加しました。

f:id:tofulist:20170318064724j:plain

メインは雪像。中々の迫力がありました。雪像の城の中に行ったり、中で写真を撮ったりしていました。なかなか趣向を凝らしてあって、一見の価値はありますよ。
中に入ることができるので、階段とか登って氷瀑まつりの全体像を眺められるのも良いと思います。
鉄骨で骨組みが作ってあるので急に壊れる心配はないのですが、滑る滑る。
手すりも凍っているので、掴んでいるか放しているのかを悩みました。

f:id:tofulist:20170318064753j:plain

最初は-10度くらいだったのですが、小雨も降ってきて最終的には-20度くらいになっていました。写真を撮りながらだったので、手がかじかんで感覚がありませんでした。
初めて経験する寒さにも段々慣れてきたように思います。

 

何と驚くことにこの日はメインイベントに、氷瀑ウェディングなるものが行われていました。
ここは何のための場所なんだろうと何度も通り過ぎた即席雪のステージで・・・
「せっかくだし終わるまで帰るのもなー」という雰囲気もあり、私たちは真ん中の特等席で観覧することになりました。

 

始まってからは二人の馴れ初め、出会いからのこれに至るまでの経緯など・・・
しかし涙は一滴もでませんでした。

それから小雨も降ってきて会場の人たちの心はひとつになりました。

 


「はよ、終わってくれ。(寒い)」

小雨の降る中。-20度。

 

「寒すぎるんじゃ、いろんな意味で!!!」と心の中で叫ぶ。
(遠目で写真は撮りましたが、ネット上にあげる気はありません。)
こんなところまで来て、人の幸せは祝うことになるとは・・・人前結婚式初めて参加したしました。

 

なにはともあれ、おめでとうございます。どうぞ末永くお幸せに!(あとイベント設営の係りの人段取り悪すぎです。もう少し練習しといてください。

 

その後私たちは、お二人の誓いの言葉と鐘の音とともに花火を見てウエディングブーケ(飴のキャンディブーケ)のおこぼれをもらい、急いでシャトルバスで帰路に着きました。

 

その後の風呂の気持ちよさったらなかったです。
毛細血管が広がっていく感じ、冷えた体が芯から温まりました。(サウナが好きな友達と2人でサウナに入りました。普段の悪いモノがドクドクでている感じがしました。)

 

 

2日目は4人とも布団で、良いではないかと思ったのですがその配置に問題がありました。
大きなテーブルを挟んで2、2で何か遠いんです。もう少し考えて欲しいです。何のための4人部屋なのかわかりませんでした。

 

そして当たり前のように疲れきった私たちは、それぞれの時間を過ごしながら眠りにつきました。

 

 

2日目、終了。
いよいよ、2泊3日最終日。北海道旅行最終日です。

 

 

 

それでは・・・・・・

 

じゃあ恒例のいきますか!   ※このブログ内だけです。流行らせようとしています。

 

はい吸ってぇーーーー(スゥーーー)
吐いてぇーーーーーーーーー(ハァーーーーーーーーーーー)

 

ちなみに吐く息を長くしたほうが、自律神経の副交感神経を刺激して体がリラックス方向に傾きます。
深い呼吸しましょう。そしてリラックスして、脳に酸素を届けましょう!


知らないうちに、無意識に、笑っているあなたになりますように


今回もここまで読んでくださってありがとうございました!

 

tofulist.hatenadiary.jp

 

 

tofulist.hatenadiary.jp

 

tofulist.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

新しいPCを買いました! そしてEvernoteを使ってみた! 富士通 FMV LIFEBOOK SH75/W FMVS75WWP

こんにちは、とーふです。
お越しいただいてありがとうございます!
 
 
 
先日、インターネットの開通までの私の闘いを書いたのですが、その前に実は新しいPCを買いました!
 
 

 新しい相棒(PC)、開封の儀

色々悩んだのですが、
FMV LIFEBOOK SH75/W FMVS75WWP

f:id:tofulist:20170317100820j:image

 
 

ネットで購入。

楽天市場ビックカメラ店で買いました。
届いた感じは「でかっ」。
開けるとクッション材が沢山でてきました。ゴミ出すの面倒だなぁと思いました。

f:id:tofulist:20170317100852j:image

出てきました!
ワクワクしますね。
自分用のセットアップもしていない新品を触るのは初めてだったので、テンションがかなりあがります。
 ちゃんと保証書とかもついてますよ。
こんな大きな買い物ネットでするの初めてだったので、緊張しました。
 
 

さぁ姿をあらわすが良い!

f:id:tofulist:20170317100839j:image

じゃーん!!!
小さい! 薄い! 軽い!
2016年の2月の型落ちだけど、素晴らしいね。
ずっとダイナブックの15インチを使ってたから、初めての富士通の13インチというのも悪くない。うん、悪くない!
! が多くて読みにくくなってたらすみません。
 
 

事件発生

しかしこのあとプチ事件が発生。
電源のコンセントが2つに別れてて、どう考えてもくっつける感じだけどゆるゆる・・・。
 
「くそっ、これがネットの罠か」
 
夕方、母が帰ってきて二人で明日ビックカメラに行こうかと話していました。
 
夜、父帰宅。
かくかくしかじかと話すと、おもむろに2つのコンセントを手にとって「とーふ、もっと強く押し込んでみ」と
不安に思いながら2つのコンセントを手にとり接合部を強く押し込むと・・・ひとつのコンセントに
父「良かったな」
母・とーふ「・・・・(言葉にならない)うん、ヨカッタ」
とーふ「コンナ、イマドキ原始的ナ方法ナンデスネ」
 ←事件解決
 
 

そんなこんなで 

先行きは不安感ですがとりあえず、無事に新しいPC買えました。
 
10万くらいが予算で、officeのホームアンドビジネスが入っていることが条件だったので約12万のこのPCは許容範囲かなと思います。
まだ、安い海外のPCにする勇気はなかったので富士通という安心感をとりました。
買うまでには死ぬほどネットをみたり、このPCの2017の違いとか電気屋さんにみにいったりしたので、後悔はありません。
 
 
正直型落ちといっても、私にはあまり関係ありません。なんせコンセントすらまともに繋げられない人間ですから( ´_ゝ`)
 
 
 

これから

あとはどれくらいで慣れられるか心配ですが本格的に使用する4月までにはなんとか形にしたいです。
噂では富士通のPCはキーボードが打ちやすいとのことで、タイピングが遅い私には押さえておきたいレベルアップチャンス!
→実際打ちやすいですが、テンキーがいなくなって少しのさみしさを感じました。後はひたすら「慣れ」と実感しました!
 
 
家にはあるのですがネットの開通工事がまだ先なので、セットアップできないので餌を目の前にぶら下げられた状態です。
部屋のすみでぽつんです。
→無事に3月13日に開通しました!
→セットアップに苦労しました!
また色々できるようになったら、また使用感とか使ってみての感想とかを報告します。
 
 
 

Evernote

ところで、この記事はスマホからEvernoteで下書きをつくってみています。
→これからは、PCでも使ってみたいです!
 
 
Evernote(エバーノート)は、ノートを取るように情報を蓄積するソフトウェアないしウェブサービスである。パソコンスマートフォン向けの個人用ドキュメント管理システムとも言える。開発・提供の会社はEvernote Corporationである。競合するソフトとしてはMicrosoft OneNoteGoogle KeepSimplenoteなどがある。
20170227 Wikipedia参照
 
 
1ヶ月前までEvernote? のレベルだったので、ちょっと現代っ子らしく背伸びをしてみました。
ずっと、紙とWordでの下書きだったので凄くイマドキな感じがします!
 
上手に使っていったら日常生活とか勉強、ブログがどんどんインプット、アウトプットしていけそうな気がするので、楽しみです。
まぁ合わなければまた戻すことになりますが、初めての感じはやりやすいです。
 
 
Evernoteも慣れてきたら記事にしようかなと思います。
他の方が書いている専門的で実用的な記事は沢山あるので、私なりのEvernoteの使い方を紹介したいです。
 
 
今回は、新しいPCを買いました! ということとEvernoteを使ってみた! の2本だてでした!
 
 
 
ここまで読んで下さってありがとうございました!

うつなのに友人たちと旅行の約束をして、実際に行ってみた件~2拍3日北海道編~②霧の摩周湖と氷瀑祭りin阿寒湖

こんにちは、とーふです。
お越しいただいてありがとうございます!
※手直し移転過去記事です。

 


前回に引き続き、今回は「うつなのに友人たちと旅行の約束をして、実際に行ってみた件~2拍3日北海道編~②霧の摩周湖と氷瀑祭りin阿寒湖」です。

 

tofulist.hatenadiary.jp

 


「何コイツ働けや」とお思いの方に、もう一度言い訳を言わせてもらいますと、
この旅行は、だいぶ前から企画されていたもので(内容は北海道行きたい! くらいなものですが)、県外の大学を卒業してそのまま就職する子、県外に就職する子、県外に就職している子などが唯一時間の取れる時だったということは知ってもらえると嬉しいです。
もう中々会えることのなくなる、私とは違う自分の道を手に入れた良い子たちです。(私を除く3人は・・・)

 


それを踏まえまして、旅行の話の続きをしようと思います。

 

まず、行く面子は私を入れて4人。
3月の初旬。
そして情報は「ツアー」「カニ食べ放題」「流氷を見るらしい」くらいしか知りませんでした。

 

散々、事前の準備をしていていました(北海道全体の3月の始めの様子を調べまくりました)。
それなのに友人が頼んでいた旅行会社との兼ね合いのせいで、全然ツアー旅行内容を知らないまま旅立つことになります。
本当にみんな忙しくて、連絡もとりづらかったのでグダグダでした。

 

私は飛行機が苦手です。感想としては行きも、帰りも怖かったです。

 

 

新千歳空港に着陸したのは3人。中心的に旅行会社とも連絡を取り合ってくれた友人が(前回卒業旅行として函館あたりに行ってる子)そこで合流しました。


ツアーのガイドさんたちに出会って旗をみてから知ったのは、このツアーの名前は「白銀の北海道と冬の2大祭典3日間」でした。
この時点で、3人は祭りに行くことを初めて知った、初めての北海道に「どうしよう」・゜・(ノД`)・゜・。な感じでした。

 


初日の移動時間は中々のものでした。まず、バスで高速に乗って4時間程度。3日間で、トータル1000kmという大移動。
中々スタートからハードな内容です。(しかも初日は移動がメイン)

 

4時間の移動時間の間はバスツアーのため、あまりみんなでの会話は楽しめませんでした(´・・`)
さすがに、県外組や夜行バスでそのまま朝の便で飛んだ子達は車中では爆睡でした。
まぁ私たちの場合、いつも1年ぶりくらいでも1週間ぶりくらいのテンションなのでしょうがないことなのですが、バスの中(他人がいる中)で眠れないので3日間淋しい気持ちにはなりました。

 


言いませんけどね。

 

 

さてさて、話を巻いていかなくてはドラゴンボールの戦闘シーン並に長くなってしまうので割愛していきますよ。


私たちは最初の1日目は、とにかく北を目指し、ホテルを目指すことでした・・・。遠い目
途中途中で、エゾシカ注意! や様々な動物の絵の道路標識があってとても新鮮でした。

途中で、いくつかのサービスエリアに寄りつつ、摩周湖にも少しだけそのついでに寄りました。(ここでツアーの人たちとの集合写真)

 

「霧の摩周湖といわれるくらいですから綺麗に見られるときは、三度行って1回あるかないかだとガイドさんは話していました。

ちなみに綺麗にみえると「男は5年出世が遅れて、女は3年結婚が遅れる。」と言われているそうです。

運が良いのか悪いのか、私たちはバッチリとみえてしまいました!

 

そしてバスに揺られ揺られて目的地の阿寒湖を目指します。マリモでも有名な湖ですね。

 

着いたホテルは、まぁまぁといったところでしょうか。温泉がついているのはgood! でしたが、移動中に朝・昼・夜のご飯のオプションのカニや「昼どうします?」的な紙を配られて、どんどんオプションが追加される仕組みになっていたのです。(そんなことを知らなかったのは私たちくらいだろう。)

 

 

そのため、カニ3種盛を2人で1つずつ頼んでその日の夕食を終えました。ちょうど良い量でした。

あれ以上カニと格闘していたらカニのこと嫌いになっていたと思います´▽`)/
このとき18時半くらいのことでした。
とにかく過密スケジュールなんです。

 

私はこの時点でかなり疲れていました。
正直、部屋に行きたい。ゴロゴロしたいとか考えていました。

 

ですが、バス時間の間にHPを回復してきている友人たちはもう氷瀑祭りに行く気満々です。
気持ちは20時からの花火大会に意識が向かっています。

 

結果として私たちは、ホテルから歩いて阿寒湖に行って、氷塊をノコギリで切ったり持ち上げたり、氷像を撮ったりと-15度の中ではしゃぎまくりました。
何か500円払ってスノーモービルみたいなのに引っ張って貰うバナナボートもしました!

 

こんな雪像もありました!

f:id:tofulist:20170317102433j:plain

つまり、

 

スッゴク楽しかった!!!
バナナボート最高!!
顔に当たる風の冷たさったら、目も開けられない、遠心力強め、顔面凍りそう! 

でも楽しい!!

 

その時のアドレナリンは凄かったと思います。いや真面目に。
その後のガクガク震えながらの温泉→露天風呂の手すりの水滴が凍っているという一連の流れも終わってみれば楽しいものでした。芯から温まる極楽でした。
部屋のドライヤーも強めでしたし、良かったです。

 

ただし、健康的に早起きして、飛行機に乗って、バス移動して、カニと格闘して、氷雪の中で遊んで、お風呂に入ってしまったらもうみなさんにも想像が付いていると思います。

 

 

そう、

とっても眠くなるのです!!
からの明日は6:30朝食の7:40出発です。

 

1人脱落、また1人脱落と眠っていきました。

 

私は、じゃんけんでベッドを勝ち取ったので早く眠りたかったです。(ベッド2、布団2)
しかし、興奮状態のせいか中々寝付けません。もちろん薬は服用しています。

 

 

果たして明日からの2日間、私はこのテンションを保っていられるのでしょうか・・・・

 

 

tofulist.hatenadiary.jp

tofulist.hatenadiary.jp

tofulist.hatenadiary.jp

 

 

 

それでは・・・・・・

 

じゃあ恒例のいきますか!   ※このブログ内だけです。流行らせようとしています。

はい吸ってぇーーーー(スゥーーー)
吐いてぇーーーーーーーーー(ハァーーーーーーーーーーー)

ちなみに吐く息を長くしたほうが、自律神経の副交感神経を刺激して体がリラックス方向に傾きます。
深い呼吸しましょう。そしてリラックスして、脳に酸素を届けましょう!


知らないうちに、無意識に、笑っているあなたになりますように


今回もここまで読んでくださってありがとうございました!