とーふlist

うつ病と診断され大学を休学中。←現在、復学し前に進む準備中。人生を身軽に生きてみたい!とーふlist 。Twitterもやってます。とーふlist@tofulist

スポンサードリンク

大学を2年間休学して考えたこと「復学」or「退学」? そして自分の中のけじめと前に進む決断に至るまで。

f:id:tofulist:20170215131158j:plain

こんにちは、とーふです。
お越しいただいてありがとうございます!
 
 
 
このブログを書いているとーふは、うつを発症してから1年経ち、医療系大学を3年目の後期で実習中に体調を完全に崩し→そのまま休学の波にのまれていきました。
そのまま2年間うつ病と向き合いながら、立ち止まったまま寝そべったり転がったりしていました。
 
 
その2年間の間に私が考えたことと、自分の中のけじめと前に進む決断に至るまでについてを書いていこうと思います。
 
 
 
 

大学の休学年数

私の通っている大学だけなのかは分かりませんが、大学の休学年数連続が2年間まででした。
その2年間をフルに使った2年間が平成29年3月で終わります。
 
 
事務の人の話によると、一度復学してからもう一度休学届を出すのはOKらしいです。
しかし、大学在学年数は8年までということなので復学しても留年したら結構厳しいです。
必ず進級できるという保証もないですから。
 
 
 

私の中での大学の位置づけ

私の中で「大学休学」ということはずっと心の中で引っかかっていました。
 
 
同級生や友人たちは「休学」という形をとらず「退学」という形をとっている人がほとんどでした。
もう医療系大学特有の実習や専門科目を学ぶことを止めてしまいました。
未練がない訳ではなかったはずです。
 
 
私には未練がありました。
そして「休学」という考える時間、治療のための休養の時間をとりました。
うつ病だから大きな決断はするべきではないというせいもあります。
 
 
 
単純に私の中で約3年間を終わりにしたくなかったのです。
休める選択肢があるのならば、終わりにしたくなかったもの、それが私にとって「大学」でした。
 
 
 

選ぶ時がきた

大学の休学年数連続が2年間までで、私がその2年間をフルに使った2年間が平成29年3月で終わりでした。
 
 
うつだからという理由だけで済ませる時間が終わったのだと、自然と腑に落ちました。
やろうと思えば他にも「逃げ=休む」選択肢はあったと思います。
 
 
でも私の「逃げ=休む」 時間は終わりです。
これからは「進む=選ぶ」時間です。
 
 
 
 

選択肢

とは言っても選択肢は大きく分けると「復学」か「退学」になります。
 
 
前者を選ぶのならば、3年生をもう一度やることになります。
それか学部を変えての復学するという形をとって、自分の持っている単位が全ては使えなくなります。(一部のみ可)
 
 
後者を選ぶのならば、就職先を探すために動かなくてはなりません。
普通に職業案内所などで探すのか、専門学校にでも入り直して探すか、職業訓練校にでも通うかをしなくてはなりません。
医療系の知識を活かしたいのならば介護士なども視野に入れても良いかもしれませんが、退学を選んだ人はこの選択をする人が少ないです。←もう医療という分野に関わりたくない人が多いようです。
 
 
 
ざっくりとこの中で選ぶか、派遣かフリーターとしてすぐに働くかでした。
ブログなどでフリーランスでとかプロブロガーという人は居ても、そんなに甘くない世界ですから。
私はリスク管理はしておきたいです。
 
 
 

私がやりたいこと

迷いが多い中「私がやりたいことは何なのか?」と自問自答したら出てきたものがあったんですよね。
 
 
単純に私の中で約3年間を終わりにするという選択をしたくなかったのです。
休める選択肢があるのならば、終わりにしたくなかったもの、それが私にとって「大学」でした。
 
 
 
これが全てではないのかと言うことです。
 
 
私の中で大学はまだ終わっていなくて、でも同じ学科で復学するのは難しい。
ならば、他の学科で自分の最初に学びたかったものとは違うかもしれないけど「今」の自分が学び卒業するための学科があるのではないか。
でも今までの単位とかどうなるんだろう。
 
 
 
沢山の選択肢は私にとってストレスでした。
自分のことなのですが、急に滅茶苦茶な汚部屋に放り込まれたような気持ちでした。
 
 
選択肢は向こうからやって来ません。
自分で滅茶苦茶な汚部屋の中から見つけ出さないといけませんし、思ってもみないものが見つかるかもしれません。
 
 
 

見つけた選択肢

ぐるぐると情報収集しながら悩んでいたとき、私はある大学に出来たばかりの◯◯学科があることを知りました。
有り難いことに大学時代にお世話になった先生方に教えていただきました。
しかしながら1対1でまだ話せないのと、とーふ家の今後にも関わることなので・・・
 
 
 
先生「とーふさん、うちの大学こんな◯◯学科が出来たんだけど、どうだろう? 実習もないし。」
○○学科? 実習がない。・・・実習がない?
とーふ家「・・・話詳しく聞いてもいいですか?」
 
 
先生「かくかくしかじか、うんぬんかんぬん」
とーふ家「ふむふむ、ほぉほぉ、なるほど」
 
 
先生「どうする?」
とーふ&両親「迷惑かけるかもしれませんが、よろしくお願いします!!」

 

 
 
 
こうして長い話し合いや情報収集の期間を終えて、
とーふは、とーふがやりたいことを見つけました。
 
 
 

前に進んでいる

確実に進んでいます。
もう直行便です。
降りる気はないけど、降りれない速度で走っていると不安になります。
嘘です。本当はガタガタ震えていますし、降りたくなる日しかありません。
 
 
自分の進路のこともそうですが、家族のことでも不安要素があるのでここ1ヶ月以上早朝覚醒を起こしています(笑)
不安要素しかネガティブな私にはないですが、不思議と卑屈感は感じません。
この波にのらないと深い海に沈んで、溺れ死んでしまいそうな閉塞感を感じる暇もないからかもしれません。
 
 
 
うさぎとかめのような、ひたすらにゴールを目指すような努力の才能とメンタルの強さは私にはありません。
だからと言って、うさぎのように速く走れるような才能もありません。
 
 
アリのような歩みでも、前に進んでいる限りゼロではないです。
私は立ち止まっているだけの時は、ゼロでもなくてマイナスで、時間の経過とともに現状が良くなるビジョンが見えませんでした。
 
 
 
変化をすることを人は無意識におそれ拒みます。
変化する(前に進む)ことは痛みを伴います。
 
 

まとめ

私が選んだのは「復学」と「転学」でした。
これから私がうつ病とどうやって付き合っていくのか。
2度目? の大学生活を無事に過ごすことが出来るのか。
 
 
全然わかりません。(真顔)
ただ真っ暗なトンネルに薄明かりのような光が灯りました。
 
 
 
ただ盛大に悩んだ結果として、盛大に転んでも良いから走ってみます。
 
 
 
ブログは続けていきます。
近況報告や日常での気づき、もちろんうつ病のことや心の病気のことも書きます!
大学生活で得られたものを発信していきます!
 
 
 
「とーふのlist」を自分の財産として、インプットしたものをアウトプットしていきます。
 
 
これからもどうぞ、とーふlistをよろしくお願いします<(_ _)>
 
 
 
 
 
 
 
それでは・・・・・・
 
じゃあ恒例のいきますか!  
※このブログ内だけです。流行らせようとしています。
 
はい吸ってぇーーーー(スゥーーー)
吐いてぇーーーーーーーーー(ハァーーーーーーーーーーー)
 
ちなみに吐く息を長くしたほうが、自律神経の副交感神経を刺激して体がリラックス方向に傾きます。
深い呼吸しましょう。そしてリラックスして、脳に酸素を届けましょう!
 
 
知らないうちに、無意識に、笑っているあなたになりますように
 
 
ここまで読んでくださってありがとうございました!!

熊本地震から1年が経ちました。あらためて災害時、自分に何ができるか考えてみた。

f:id:tofulist:20170414152359j:plain

こんにちは 、とーふです。
お越しいただいてありがとうございます!
※手直し移転記事です。

 

 

最近では、熊本・大分の地震など、「地震」が後をたたなくなってきています。
東日本大震災から5年でこんなに大きな災害が起こるということ、自然とは私たちを癒してくれる一方、大きな脅威となる存在です。

 

実際「そのとき」が、自分たちに降りかかってきたら、そういうことに関してど素人の私が今回の記事では考えていこうと思います。

 

 

今までの私

私は中越地震が起きた県に住んでいますが、直接的な被害を被ったことはまだありません。
生きてきた中で、中越地震・東日本大震災・熊本地震を経験してきました。

 

結局のところ私は、これらの教訓が身近に感じられず何も学んできませんでした。
両親も、周囲も非常事態に対する意識が低い人ばかりでした。
浅いテレビでみて知ったような、浅い聞きかじりの知識しか持っていませんでした。

 

 

今回の熊本、大分の地震から

4月14日、それは起きました。
人々はテレビやスマホの向こう側で、まだこの地震の恐ろしさを全然わかってなかったと思います。

 

しかし次の日、本震です。
本震から長い間余震が続きました。
エコノミー症候群や感染症など、様々な二次災害が起きました。

 

それでも、東日本での教訓は確かに復旧活動や捜索活動に活かされていました。
毎日の報道、有線、SNSの拡散、被災者によるSOS信号など様々な方法で私たちに伝えてくれました。

 

「正しい情報と適切な処置の大切さ」について問題になることもありました。
特に報道やSNSでの断片的な情報だけで、間違った支援をしてしまい、おにぎりなどが被災地で余ってしまうことがありました。
それをまた、違う報道番組で再認識させられました。

 

 

自分にできること

まず私は「自分にできること」ってなんだろうかと考えました。
正しい知識を持ち得ていないならば、正しく使ってくれるであろう「募金」をしようと思いました。
今は、ネットからでも簡単に募金することができます。

 

私の場合、とにかく「お金」を正しい情報を持った人が、正しく使ってくれることを望みました。

 

 

意識の改革

この非常事態に対する「低い意識」の改革が大切だと思いました。
それで、すぐに思いついたのは「非常用持ち出しリュックとストックを保管する箱」でした。

f:id:tofulist:20170414155213j:plain

f:id:tofulist:20170414155322j:plain

↑ちなみにこの箱は無印良品です。

使わないものを入れておくのにも役に立ちます。

 

確認をしておくと、私はニートの収入なしです。


その中で、貯金を切り崩しながらちょっとずつできることをしてみようと思いました。
私のそんな姿をみて、何か家族や周囲が感じてくれるものがあれば良いなと思ったのです。

 

www.tofulist.com

 

実際の準備

とりあえず、リュックと箱を準備してみました。←単純。
私は基本的に荷物が少ないので、衣替えの時に準備するのが効率的かもと、ほかの方のやり方をみて思いました。

 

さぁ、今できることを実際にやってみましょう。←誰だよ。

 

使っていない時に、最低限の服などを詰めておくことで負担になりにくいです。
服は汚れの目立ちにくいものや、新しいものを選びました。(何かあった時に、ヨレヨレの服だと心も疲れてしまいます。)

 

あと大切なのは、普段からそれらのものを使うことです!

これもやってみて気づいたことです。

 

よく対策で聞く、ローリングストック法は回転をよくすることで賞味期限を考えなくても良いですし、何かあった時にパニクらなくて済むということです。

(これは実際にやるのはかなりマメな方でないと難しいかもしれません)
パニックにならないことが災害時はとても大切なことだと思いました。

 

 

他には、食料・衛生用品・水・笛など簡単なものから徐々に集めています。
できることから、やる! です。

 

 

やってみてどうだったか

今は、災害時の知識など得ようと思っても情報過多な時代です。

 

調べてみて、自分にもできそうなことと、できなそうなことの区別がつくようになってきました。

 

自分がこうして動くことで、家族の意識が少し、ほんの少し変わりました。

 

今回、実際の被災者の方の生の声を調べているうちに、本当に必要なものを自分の中で取捨選択。
思い出も、スキャンしてUSBに移そうかと考え中。

 

普段からストックしたものを使うことで今の便利さと、実際の不便さを知りました。
日常生活に取り入れることで、来て欲しくない「その時」に備える心構えを1ミリくらいはできたのかなという気持ちになりました。

 

 

どこで何が起こるなんて、結局誰にもわからない。

いざという時に、自分が家にいるのか外にいるのかは誰にもわからない。
あたりまえだけど、風呂に入っているかもしれないし、東京ディズニーランドにいるかもしれません。

※ある友人は東日本大震災の際に、東京ディズニーランドに居ました。

 

その時、手持ちの荷物で大丈夫なのかとミニマリストに憧れて、荷物がわりと少ない私は少し遠出する時などはリュックにしようと思いました。
カジュアルですが、心配症な自分には必要な手段です。
コンパクトな今のカバンには愛着があって便利ですが、何かあった時には比べられません。

 

 

私の、「自分に何ができるか考えてみた」なんてこれからです。
毎日絶望して生きていても、その時に「死にたくない」と思うかもしれません。

 

 

後悔ばかりの最近の私ですが、必要なものが日常に溶け込めるような生活をおくって、周囲の意識が少しでも変われば「人の役に立つ」ことになるのではないかと思いました。
もしかしたら私の用意しているものが、家族の命を救うかもしれません。

 

 

まとめ

結局分かったことといえば「何も分からないで暮らしていることは怖い」ということでした。

 

そんなことを気にして生きるのは馬鹿らしいと思うかもしれません。
その時はその時と言う言葉も間違っていません。

 

TVでも報道されていますが、まだまだ熊本も復興したとは言えない状況です。
誰にでも悩みがあるように、何処にでも問題はあります。
それでも悩みながら生きています。

 

 

私はうつになって未だに「死にたい」と思うこともあります。
それでも生きてブログを書いています。
調子が良い日も悪い日もあります。
それでも思わず目を細めてしまうような小さな感動や気持ちに活かされています。

 

 

何でこの記事を書いたのだろうと自問すれば、熊本で起きた地震を忘れてほしくなかったからです。


まだ1年しか経っていないのです。

 

私がやらなくてもいいことだと思います。
それでも沢山の情報にのみ込まれる前のとっかかりとして、たまたまクリックした記事だとしても良いのです。

 

 

少しでも伝われば幸いです。

 

 

 

それでは・・・・・・

じゃあ恒例のいきますか!   
※このブログ内だけです。流行らせようとしています。

 

はい吸ってぇーーーー(スゥーーー)
吐いてぇーーーーーーーーー(ハァーーーーーーーーーーー)

 

ちなみに吐く息を長くしたほうが、自律神経の副交感神経を刺激して体がリラックス方向に傾きます。
深い呼吸しましょう。そしてリラックスして、脳に酸素を届けましょう!

 

知らないうちに、無意識に、笑っているあなたになりますように


今回もここまで読んでくださってありがとうございました!!

わからないけど、うつに自然療法って効果はあるの? 私の土いじり編。

f:id:tofulist:20170411080310j:plain

こんにちは 、とーふです。
お越しいただいてありがとうございます!
※手直し移転記事です。

 

 

今回の記事、「わからないけど、うつに自然療法って効果はあるの? 私の土いじり編。」です。

 

つい最近土いじりをする機会があったので、私の体験談を書いてみようと思います。
その中で私が「どう感じたか」が参考になれば良いなと思います。

 

 

ミリオンベルという花

ミリオンベルは、ナス科 カリブラコア属の植物。サントリーフラワーズが初めて園芸化に成功したカリブラコア属の原種数種を元に品種改良した園芸品種群であり、サントリーフラワーズの登録商標名である。  
2016/4/25ウィキペディア参照

 

開花期は4~11月で、沢山の花を鈴なりにつけて長い間楽しませてくれます。

色も種類が豊富で、とても生命力にあふれた花です。サフィニアなどに似ている花でもあります。

 

 

去年のボロボロだった私も母と一緒に

去年の初夏くらいに母と植えたのですが、その頃は笑顔を忘れていました。
母が私を外に連れ出したり、何か行動したりするためにこの頃は頭をひねっていました。

 

その中でミリオンベルを植えるときに無心で土いじりをしている自分がいました。

そのおよそ1年後、今は笑いながら沢山ある色の中から気に入ったものを自分なりに配置して、満足考えられるようにまでになりました。

 

ちゃんと「今」「目の前にあるもの」に視点をうつすことができるようになってきたのではないかと思います。

 

驚くことに花を植えるとき、去年植えたミリオンベルの枯れた茎が伸びていました。


少し恐怖を感じるくらいの生きることへの執着を感じさせられました(苦笑)

恐ろしくなるほどの生命力根性です。

 

 

この記事を書くのは

・自然療法って効くの? って思っている人。
・そんなことで良くなるんだったら、いくらでもしてやんよ。という人。
・時間はあるけど、何をして良いかわからない人。
・外怖い((((;゚Д゚))))という人。

 などにとって参考になればなと思っています。

 

記事にしようと思ったキッカケは、外に出るのも億劫な私が外に出て、土いじりしている時に「・・・楽しいかも」と思えたからです。(近所の人の目につかないように、車のカゲでコソコソやっとります。)

 

 

今でも辛くてどうしようもなかったとき、リハビリがてらこの花を植えた時の記憶が、やけに色あせた記憶の中でミリオンベルの黄色が輝いていたからです。
(今思えば弱ペダの坂道君の色!←いや、話の流れ。)

 

 

土とかじゃなきゃダメなの?

そんなことはありません。
切花や、動物とのふれあいなどでも良いと思います。

 

しかし、私としては土にさわれる方が良いと思います。
しっかりと土に根を張った植物たちと出会うと、言葉にできない力を貰えます。

 

「じ、自立してるぜコイツ」みたいな久しぶりに同級生会ったみたいな気持ちになります。(やってみると感覚がわかります。)わかるかっ!

 

何よりも私が良いと思うのは、手が汚れるということです。

 

爪の中まで土が入った状態の手をみると、生(セイ・ナマ)を感じます。
あんなに生きている自分が気持ち悪いと思っていたのに・・・

 

 

ふとした瞬間「・・・ああ生きてんだなっ」て思うのです。

 

 

あんまり上手く伝えられるか分かりませんが
太陽と水、多少の養分があれば、届きもしない空に向かって腕いっぱいに広げた葉で陽の光を受け止める姿は心を動かすのです。
自然と「良いな。」と思えます。自然に対してですから、比較してもあまり卑屈にならずにすみます。

 

 

何かを育ててみませんか?

私の場合、今年もミリオンベルという花を育てています。
もし育てるとしたら、あなたの場合は何を育ててみますか?

 

大切なこととして実感するのは、植物たちは私たちの意思とは関係なく「生きたい」し「生きます」ということです。

 

最初は何にも感じないかもしれません。

 

それでも私の場合、代わり映えのない色あせた日常に、ささやかな刺激をくれました。
季節の感覚、時の流れを感じさせてくれました。

 

 

この感覚は、毎日訪れるものではなく「あるときに気づく」ものです。
私はハッとしましたよ。まさかの1年後にもハッとさせてくれました。何とも憎いヤツです(笑)

 

 

まとめ~自然療法って、あながち間違っていないのかも~

あるときに、ハッとするほど素敵な刺激をあなたは得られるかもしれません。 
※個人差ありです。

 

余談ですが、花言葉を調べてみるのも楽しいですよ。

 

人との会話の時に「○○の花が咲いていますね。確か花言葉は△△だったかな。」とか言うと、なんとなく博識にみられます。
結構人によっては驚いてくれます。当たり障りもないですからね。
場も和みますし、少ないけど花言葉を知っていると、季節を人よりもひとつ粋に過ごせるような気がします。

 

 

どうでしたか。「自然療法?」から「フッ、そんなもんか。」「土いじりか。」くらいにはなりましたかね。

 

参考になるならない別として、この記事で何か感じてもらえたら幸いです。
(すみません嘘つきました。本当は共感して欲しいとか思っていました(´`))

 

 

 

それでは・・・・・・

じゃあ恒例のいきますか!   
※このブログ内だけです。流行らせようとしています。

 

はい吸ってぇーーーー(スゥーーー)
吐いてぇーーーーーーーーー(ハァーーーーーーーーーーー)

 

ちなみに吐く息を長くしたほうが、自律神経の副交感神経を刺激して体がリラックス方向に傾きます。
深い呼吸しましょう。そしてリラックスして、脳に酸素を届けましょう!

 

知らないうちに、無意識に、笑っているあなたになりますように


今回もここまで読んでくださってありがとうございました!!

 

 

最近忙しくなって、心身ともにストレスフルで更新が出来なくてさらにストレスが溜まっていました(笑)
気候も暖かくなってきた時期にこの記事を投稿することが出来て良かったです。