とーふlist

うつ病と診断され大学を休学中。←現在、復学し前に進む準備中。人生を身軽に生きてみたい!とーふlist 。Twitterもやってます。とーふlist@tofulist

スポンサードリンク

大学に復学して1ヶ月。順調にぼっちになったが、行動したことに後悔はない。

f:id:tofulist:20170508092156j:image

こんにちは、来月の通学用定期を買ったとーふです。
お越しいただいてありがとうございます!
 
 
 
今回は、大学を復学してから1ヶ月経った感想や状況を書きます。
「行動することって大事」というごくあたりまえのことを、うつ病を抱え毎日をやり過ごしているとーふなりの切り口で書きます。
 
 
 
かきまs←しつこい!
 
 
 

大学でのとーふの立ち位置

一言で言えます。
ぼっちです。
 
 
学生の身分ですので、ぼっちとかはどうでもいいのです。
どうでもいい・・・
どうで・・・
 
 
よくない!
よくないよ!!
さみしいよ(T_T)
大丈夫だと思ってたけど、孤独感半端ないよっ!!!
 
 
すみません、取り乱しました。
1ヶ月分の色々が口からこぼれてました。
 
 
大学では私は3年生をやらせもらっているのですが、人数が少ない学科だけに異物感が凄いです。
 
 
3年生というくくりになっていますが、転専攻しての3年生なので単位の取り方が他の3年生とは違います。
1・2年生と一緒になって受けている講義もあります。
ますます接点がないのでぼっちです(^^)/
 
 
 

講義内容

私が今学んでいることは興味のない内容ではないのですが、以前まで学んでいた内容と全く違います。
そこら辺は、頭でわかっていたつもりでしたが2年間の休学期間のうちに忘れていたようです。
 
 
正直勉強の仕方とか忘れましたもん(笑)
引きこもりのニートで、読書も体調によるという状況でした。
現在進行形で必死に新しい勉強方法を身につけようとしています。
 
 
 
講義について行けないということは今のところありません。
まだ試験はありませんけど、レポートなどはいくつか作成しています。
 
 
これは私が頭がよいとかではなく、履修登録に力を入れたおかげです。
 
 
 

履修登録

大事です。
 
 
これさえ先生(ゼミ? チューター? 担任?)と話を詰めておけば、よほど詰め込みすぎない限り無理な状況下になることはないでしょう。
 
 
ここで迷惑かなと思うくらい小さな疑問も聞きましょう!
全体像を把握していることで、自分のやるべき行動が分かるので気持ちが楽です。
面倒くさいからと後回しにすると大変なことになります。
 
 
私も前期は詰めたのですが、後期が詰めが甘いので今から心配です。
私のところは最初に1年間の履修登録をします。
後期になったら後期の分を見直して、履修変更をします。
 
 
これでOKとなっていたものを、後から「これもとっとくといいよ」なんて言われてしまったので(強制ではないが、した方がよい感じ)顔は笑ってますが心は能面のような顔をしていたと思います。
 
 
 
今は以前の大学時代の貯金で楽をしている状態なので、半年後のことを考えると心が沈みます。
 
 
 

とりあえず行動

とりあえず行動してよかったことは、今まで「無」だった状態から、1ヶ月(GWとかあったけど)「自分よくやったと」思えたことです。
 
 
私は2年半、自分を褒めてあげたいと思えるようなことがありませんでした。
ゼロをイチにするということは、大きなエネルギーが必要です。
物事イチにできたら、そこからは足し算したり引き算したり、はたまたかけ算になることもあります。
 
 
 
何よりも第一にすることは、やるしかない状況、環境をつくることです。
 
 
だってやるしかないんですもん。
自分でも短期間の間に自分で自分の逃げ場をみつける前に、後ろから巨大な鉄球が転がってきてたら、とりあえず走りますよね?
 
 
私も現在激走中です。
(ここ1ヶ月、弱ペダの真波君じゃないですが「オレ、生きてる!」くらいのマゾっけを発揮しました。)
 
 
 

まとめ

「行動することって大事」というあたりまえのことを私なりのメリットを書いたつもりです。
 
 
何でもいいんですが、ゼロをイチにする環境をつくりましょう。
やるしかない状況を自分でつくりましょう。
 
 
つらいとき、苦しいとき沢山あります。
そのときに助けてくれることを求めるのは厳しいです。
 
 
だから救われるもの、言葉、人などをみつけていきましょう。
 
 
生きづらい生き方をするのをやめる勇気を持つのが、私の長期目標です!
 
 
 
「助けて欲しい」という言葉は悪いことではありません。
私は、そのことに気づくまでに時間がかかりました。
そして気づいてても、未だに声を上げることができないことがほとんどです(笑)
 
 
 
行動しましょう。
後悔するのは、行動してからです。
 
 
考えているだけだとゼロです。
その状態は自分自身がつらいです。
 
 
正直私は、まだまだ考えている時間が長くてつらいです。
それでも行動しないと、もっとつらくなるのがわかっているから走り続けています。
 
 
 
ぼっちだけど、行動した1ヶ月でした。
手を抜くことが出来ないので、本気であと2年間やり過ごしていきたいです。
2年間心と体がもつのかは不明ですが、自分のギリギリを攻めてみます!
 
 
現在のとーふは、息がしやすいように生きる方法を模索しています。
また、自分の中でハッとすることがみつかったらとーふlistで書かせて頂きたいと思います。
 
 
 
 
 
 
それでは・・・・・・
 
じゃあ恒例のいきますか!  
※このブログ内だけです。流行らせようとしています。
 
 
はい吸ってぇーーーー(スゥーーー)
吐いてぇーーーーーーーーー(ハァーーーーーーーーーーー)
 
 
ちなみに吐く息を長くしたほうが、自律神経の副交感神経を刺激して体がリラックス方向に傾きます。
深い呼吸しましょう。そしてリラックスして、脳に酸素を届けましょう!
 
 
知らないうちに、無意識に、笑っているあなたになりますように
 
 
今回もここまで読んでくださってありがとうございました!!

コンプレックスがある人の方が魅力的に感じやすい。それが発信するエネルギーになる。

f:id:tofulist:20170505194706j:image

こんにちは、とーふです。
お越しいただいてありがとうございます!
 
 
 
今回は「コンプレックス」がテーマです。
コンプレックスは大なり小なり、多くの人が抱えていると思います。
コンプレックスの定義は調べてみるとかなりあるのだなと、この記事を書くにあたり知ることが出来ました。
 
 
個人的にはコンプレックスがある人の方が魅力的に感じます。
他の人とは違う人格の一種だと思うと興味深いです。
言葉自体には色々意味はありますが、今回は日本人が一般的に感じている2番目のコンプレックス=劣等感について私なりの考え方を紹介したいと思います。
 
 

コンプレックス(complex)

精神分析用語。情緒的に強く色づけされた表象が複合した心理。抑圧されながら無意識のうちに存在し、現実の行動に影響力をもつ。マザーコンプレックスエディプスコンプレックスインフェリオリティーコンプレックスなど。複合感情複合観念
日本では特に、インフェリオリティーコンプレックス(劣等感)の意味で使われる。「強いコンプレックスを抱く」
複雑に関連していること。複合的であること。複合体。「シネマコンプレックス
 
出典|小学館
デジタル大辞泉について |情報凡例

 

 
 
 

どんな人に多いのか考えてみた

私はうつとか、心が疲れている人、SNSに投稿しまくりな人とかはコンプレックスの塊なんだろうなと想像するわけです。
ブログを書いている人にもコンプレックスを抱えている人がとても多いことが、検索してみると実感できます。
 
 
(ブログ+ネガティブ)のように検索すると、数えるのも馬鹿らしくなるくらいの検索件数が出てきます。
結果として、予想はしていた以上に・・・
 
 
「自分のことが好きな人って少ない」
 
 
ということが分かりました。
 
 
 

自分のことが嫌いな人ほど

しかし、自分のことが嫌いな人ほどネガティブな要素を好むということがブログでもそうですし、SNS、本、曲などからでも分かりました。
私もあらためると実際、暗い方、暗い方をどちらかというと選んできていました(笑)
 
 
明確な理由は分かりません。
 
他人の不幸は蜜の味?
自分だけではないという安心感?
まだマシな方だと自分を慰めるため?
 
自分で書いていて捻くれた理由をあげましたが、自身は全くこんな気持ちもなしにいれる聖人君子ではないことを知っているというだけの話です。
 
 
 

求める感情の化け物

「共感してほしい」
「認められたい」
「愛されたい」
以下エンドレス
人にはどうしても切っても切れない強い感情に支配されるときがあります。
 
 
感情自体は悪いことではないのですが、求める感情というニュアンスが私がひっかかりますね。
「~してほしい」ということは、相手がいて始めて成り立つ行動です。
自分一人では完結することが出来ないということです。
 
 
 
いつでも相手ありきで、自分の中の感情の化け物にコントールされてしまっている状態に陥りやすいです。
自分のことが嫌いな人ほど、この感情の化け物にコントロールされやすいです。
これは求める感情が沢山あるのが、原因ではないかと推察します。
 
 
 

幸せな話だけを聞いてて楽しいか?

自分のことが嫌いな人ほどネガティブな要素を好むと書きましたが、「幸せです~」感があるものは、商品としても人としても近寄りがたくありませんか?
 
 
私だけでしょうか「幸せ話=楽しい話」にならないのは・・・
面白い話をしろと言っているのではありません。
誰もすべらない話をしろとか言ってません。
 
 
 
ただ自分の幸せ話をしたがる人に限って、話が入ってこないのです。
 
 
 
なぜでしょう?
苦労している人でも、その苦労している話をこれ見よがしに聴かせてくる人の話が入ってこないのは分かります。
幸せ話も自分が興味がある人ならば入ってくるのです。
 
 
 
ただ自分の幸せ話をしたがる人との時間は「楽しくない」です。
ただ幸せな日々を歌った曲は「興味がない」です。
イベントに出まくっているのに内容がない人は「面白みがない」です。
 
 
 

コンプレックスがある人の方が人として面白い

私がコンプレックスがある人の方が魅力的に感じるのは、コンプレックスの意味である1番目と3番目の理由からです。
 
 
私的にコンプレックスとは、抑圧された無意識のうちに複合化された感情や観念になります。
 
 
活字にすると複雑化してますが、人間はタイトルや目次、キャッチコピーなどのように簡潔に脳に情報を送られる事を好みます。
 
 
しかし、記憶される信号としての情報源はある程度の複雑さがないと料理や音楽も飽きてしまいます。勉強なども手や耳、口などの五感を使った方が覚えられるのと似ています。
 
 
 
要するに、幸せなことは人間には刺激が足りない。
想像の範疇を超えてこないので刺激にならない。
 
 
コンプレックスを持っている人の複雑さが他の人を惹きつける。
 
 
 

コンプレックスが発信するエネルギー

「共感してほしい」
「認められたい」
「愛されたい」
以下エンドレスな感情がある限り、発信する人がいなくなることはありません。
 
 
 
私はコンプレックスを自分のものにしてコントロールする方法を分かっている人ならば、素晴らしいアンテナになれる要素が詰まっています。
 
 
 
(その人の複雑さ=コンプレックス)+感情の化け物=強い発信力
 
 
 
あくまでもコンプレックスを自分のものにしてコントロールする方法を分かっている人 ですが。
この式はどの部分がかけていても、自分だけの発信力にはなりません。
 
 
 

まとめ

例えば自分の感情の化け物に振り回されていたら、式は完成しません。
化け物のための栄養として、自分発信して満足感を得ます。
そのためには自分らしさがが必要になります。(とーふは個性! 個性! という幹事が苦手です。らしさの方が好きです。)
 
 
 
これが(その人の複雑さ=コンプレックス)の力です。
 
 
コンプレックスがある人の方が魅力的に感じやすい。発信するエネルギーになりやすい。
 
 
 
 
「コンプレックスの塊だぜ!」
「人から認められたいの」
「何か発信したい」
この3人が手を組んだ時、人は新たな扉を開けるであろう・・・。
 
 
 
とりあえず、「コンプレックス」の私の見解は以上です。
「コンプレックスをマイナスに捉える必要はないよな。」という話でした!
※コンプレックスなんてないわ。という人も、ある意味珍しいその人らしさがあります。←どっちやねん!
 
 
 
 
 
 
それでは・・・・・・
 
じゃあ恒例のいきますか!  
※このブログ内だけです。流行らせようとしています。
 
はい吸ってぇーーーー(スゥーーー)
吐いてぇーーーーーーーーー(ハァーーーーーーーーーーー)
 
ちなみに吐く息を長くしたほうが、自律神経の副交感神経を刺激して体がリラックス方向に傾きます。
深い呼吸しましょう。そしてリラックスして、脳に酸素を届けましょう!
 
 
知らないうちに、無意識に、笑っているあなたになりますように
 
 
今回もここまで読んでくださってありがとうございました!!
 
 
 
 
 

 

新社会人の友人の仕事がブラックかもしれない。それでも眩しく感じる無職の私。

f:id:tofulist:20170503105554j:plain

こんにちは、GWとーふです。

GWなのにこのブログにお越しいただいてありがとうございます!

 

 

GWとなると社会人になった友人たちの話を聞く機会があります。

今年新社会人となった人は初任給にテンションあがっていることでしょう。

1ヶ月お疲れ様でした。

 

今回は去年、新社会人となった私の友人と労働の闇の話をします。

 

それは去年、

新社会人の友人をもつ無職の人(とーふ)。

その友人の話を聞いて会社のブラックぶりに恐れを抱く人(とーふ)。

 

社会を低空飛行している私が、友人の話を聞いて「新社会人コワイ」と思った話です。

 

 

音信不通気味になった友人に連絡をとってみた。

地元の友人で数少ない「友だち」といる存在で、最近グループラインで既読にはなるのに音信不通気味になっている友人がいました。

私は人に対して滅多に自分から連絡は取ることはないのですが、流石に新社会人になったばかりで忙しいのはわかるけれど音信不通すぎて心配になったので連絡をいれました。

 

 

その子は教職に就いているので、とっても忙しいのはわかってはいたのですが、頑張りすぎてしまうところがあるので、ここは暇人の私から連絡してみるべきだろうと思いました。

夜に「大丈夫? 生きてる? わりと心配しています。」とラインを入れておきました。(休日)

その日には返信がありませんでした。

 

返信があったのは朝の5時。(平日)

私はその日、早朝覚醒していたのでちょうど良かったです。←いやいや

やっと連絡が取れました。

 

 

友人からラインで電話がきた。

久しぶりに声を聞いて話を聞いてみると、今電話しているのも準備ができて仕事の用事で高速に乗っているところだそうでした。

 

1年目から体育会系の部活の顧問を持っている友人は、主顧問で副顧問がいないので休みも部活の指導に忙しくてハンパないそうです。

それに毎日5時半起きで、7時には学校に到着しておかなくてはならず、毎日帰るのは22時~23時くらいになるとのことでした。

 

聞いているだけで、胃が痛くなりそうな内容ばかりでした。

人手が足りないからといって、新卒でこんなに仕事量をもたせても良いものなのかと黒い匂いを感じました。

 

昨日の私からのラインも、帰ってくるのが遅くてみることができず、朝の返信になったとのことでした。

私は「電話しても大丈夫なのか? 気を使ってないか?」と聞きましたが、逆に「電話してしないと寝そうだ。」と笑っていました。

 

バイタリティー溢れる友人ですらこんな風になっているのだから、私なんて吹いて飛ぶよなと思いました。

黒い匂いと書きましたが、普通に労働基準で考えたら真っ黒?

 

 

・・・間違いない、ブラックです。会社の場合「社畜」というけれど、公務員? とかだと国だから「国蓄」?

もう友人は立派な社会人(国蓄)でした!

 

 

働くことは、若輩者にとってはブラックなのか

話を聞けば聞くほど、新社会人にとって1年目はブラックなのが当たり前なのだろうかと、働いてもいないのに恐れを抱きました。

確かに1年目はホワイトなところは少ないかもしれないけれど、こんな黒くなくても良いんじゃないかと思いました。

 

自分なら1週間で吐血する内容だと思った。

改めて友人の根性に尊敬の念を抱かずにはいられなかった。

 

友人だからこそ辞めないでいるとも思いました。

友人曰く「ここの学校を体験したら、他の学校は楽勝に感じると思うよ(笑)」と言われたそうです。←(笑)じゃねーよ!! わかってんなら改善してくれよ!!

 

友人は非常勤というか、教師ではなくて講師という立ち場なので「更新」というものがあります。

 

 

そのため「来年の更新はない。絶対に。(真顔)」と言っていました。

電話だったので顔はみていませんが、声のトーンはガチでした。

そんな内容を1時間ばかり聞いていました。 ※朝の6時半くらい。

 

 

社会というものが黒すぎて、自分が小さく思えた。

人は大自然をみると、体感すると自分の存在がちっぽけなものに感じるといいます。

私は友人の話を聞いて、「人間コワイ」とアルバイトもできないでいるのが情けなくなりました。

 

ゆとり世代と言われるが、友人のようにこんなに頑張っている人がいることを伝えたいです。

そして、上司の方にはもう少し部下の体調管理に目をやって欲しいと思います。

 

こんなに人生ハードモードなのかと思うと、自分って甘いなと感じました。

いつも、話に出た友人には勇気やパワーをもらっています。

 

教師ということではなく、講師という立場なので1年契約ですからとうとう今年の3月で1年経ちました。

果たして、友人がどのような決断をしたのかを落ち着いた頃に聞いてみたいと思います。

1年後・・・

→辞めてました! でも次の職場もハードモードでした! 世知辛い! 友人ファイト!

 

 

私は私のできることを

私の体調には「波」があります。

それは大きなものだったり、小さなものであったりします。

 

良い波に乗って、自分のできることをしたいです。

それはバイトであり、資格習得であり、何かを学びに行くことでもあります。

 

近い未来で、情けない払拭して、友人にとって「私の友だちのとーふって、○○なんだ!」と言ってもらえるようになりたいです。

 

 

まとめ

できないことはあります。

しかし、できることもあるのも事実です。

 

私は、立ち止まって動けなくなってしまっています。

世の中、ホワイトだけじゃやってられません。ブラックもあって、ほとんどがグレーゾーンです。

 

その中で、自分の適性を見出す方が楽になるかもしれませんね。

1つのことがダメでも、全てのことの適性がないわけじゃありません。

可能性はいつでもゼロではなのです。

 

 

ちなみにこの記事は、読んでくださっている読者の方に伝えると同時に、私に伝えるものです。

今日はここまでです。

 

 

 

それでは・・・・・・

 

じゃあ恒例のいきますか!   

※このブログ内だけです。流行らせようとしています。

 

はい吸ってぇーーーー(スゥーーー)

吐いてぇーーーーーーーーー(ハァーーーーーーーーーーー)

 

ちなみに吐く息を長くしたほうが、自律神経の副交感神経を刺激して体がリラックス方向に傾きます。

深い呼吸しましょう。そしてリラックスして、脳に酸素を届けましょう!

 

知らないうちに、無意識に、笑っているあなたになりますように

 

 

今回も、ここまで読んでくださってありがとうございました!!