とーふlist

うつ病と診断され大学を休学中。←現在、復学し前に進む準備中。人生を身軽に生きてみたい!とーふlist 。Twitterもやってます。とーふlist@tofulist

スポンサードリンク

「普通」とはかくして難しい。他人と比べてしまうキモチとの付き合い方。

f:id:tofulist:20170321110917p:plain

こんにちは、とーふです。
お越しいただいてありがとうございます!

※手直し移転記事です。

 


久しぶりに平常記事に戻ったかと思ったみなさんにはすみません。まだ少し前回までの旅行記事の流れを引きずっています。

 

さて、今回のタイトルでもある「「普通」とはかくして難しい。他人と比べてしまうキモチとの付き合い方。」ですが、2泊3日という比較的一緒にいる時間が長い同世代がいると、いやがおうにも様々な面で比べてしまいます。

 

その時私が思ったこと、そして自分の「うつ病」という下手をすれば、ただの現実逃避している「このゆとり世代が」と捉えられるかもしれないということについて書かせていただこうと思います。

 

 

旅行に行った私以外の3人は、何とバイタリティ溢れていて、この旅行を楽しもうとしているのかとつくづく感じさせられました。
決して、安い金額を払ったわけではないということは理解していても、私1人だったなら、あんなに楽しい旅行をおくれなかったと思います。

 

旅行の写真を見返すと、何度も何度も集合時間まで、滑ったり、走ったり「楽しさ」が前面に溢れていました。
「楽しもう」という気持ちが、こちらにも伝わりました。

 

 

世間では「普通」といわれる3人。
世間ではうつ病(見た目の違いなんてないのに)と診断されている私。

 

 

旅行の最中、私はもちろん処方された薬を持参して、服用していました。(できるだけ目立たないようにですが)
気を使わせないようにとコソコソ飲んでいた私の姿は、どう映ったのでしょう?
やっぱり病気なんだと思わせてしまったかもしれません。

 

 

そんな風に考えるだけで、気持ちが沈んでしまいます。(ネガティブ)

 

 

見た目だけは「普通」にみえる私。
卑屈な考え方しかできない私。

 

 

考え方すら違うのだ。
考え方が変われば、生き方も違う。
まだ長い暗いトンネルの出口はわからないけど、良い方向に向かうことはできるのだろうか? 

 

今回は濃い、2泊3日という時間。
一時的には合わせることはできるが、一時的にしか過ぎなかった。
昔の自分は、なぜこんなことが意識することもなくできていたのか?

 

 

羨ましくも妬ましいキモチとの付き合い方は本当に難しいです。

 

やっぱり楽しそうにしている人の周りには、楽しそうな雰囲気が漂っています。
どんなことにも引き寄せる力って、存在していると思います。

 

日常に追われることのない今の自分。
「自分」と向き合う時間が多すぎる自分。
今、自分のいる場所でできることをしていない自分。

 

・・・書き出してみるとアレですね。

だいぶこじらせた文章です。

 

書いているだけで「自分嫌いだなぁ」と思います(苦笑)
なかなかこんな記事のようには難しいですね。

 

tofulist.hatenadiary.jp

 

 

恵まれているなぁ。(環境・人)
それは私も凄く感じています。

 

しかし、時間があるということは「自分」を苦しめる時間が多いということにもなります。
「じゃあ働いて、自分と向き合う時間を減らしてみたら?」 とアドバイスしてくれる方もいました。

 

 

すみません。
それでも外に出ることが怖くて、人と話すことが怖いのです。
バイト一つすることもできない今の自分が情けなくて、勝手に当たり前のようにそれができて、愛されて、必要とされているのが正直妬ましいです。

 

本当のところ羨ましくてたまらないのです。

 

 

正直な気持ちです。
努力もしてないくせに・・・
すっごい格好悪い(苦笑)

 

 

実際は、この気持ちはきっと人として当たり前にある感情の一つです。
隣の芝は青い的な、他人と比べがちなんですよね。精神的にまだまだ未熟です。

問題はそれがどんな風に歪んでしまうのか、ということです。

 

こんな気持ちも含めブログを通して、段々と自分を整理できていければ良いなと思います。

 

 

とにかく、「普通」とはかくして難しいものです。
なにを定義してそれというのかは、私には言えません。

 

 

グダグダになってしまいますが、1人1人症状も違えば、生きてきた環境も違います。
その中で、この葛藤に共感してもらえたら嬉しいです。

 

自分が一人だけだと思っているうちは、いつまでも孤独です。
しかし横を向いたら、前を向いたら、後ろをみたら誰かがいます。


一緒に歩いてはいけなくても、それぞれのペースで、進めてゆけたらと願います。

その道をどう歩くのかは自分次第です。

他人の道を羨んでも、真似をしてみても進める道は1人に1本ずつで変わることはありません。

 

 

交差するのは一瞬で「楽しかったな」と、どんな小さなことでも楽しんだり笑ったりした人が結局勝ちなのはどの時代も変わることのない事実だと思います。

 

つまんないことをしても、やっぱつまんないですもん(爆)

 急に楽しくなることはないです。

楽しさは急に降ってくるものじゃあないってことです。

 

 

 

だからこそ、普通に生きていたらつまんないその中に楽しさや、ほかに自分にとって楽しいことや目的をみつけることが大事って話です!

 

 

 

 

それでは・・・・・・

 

じゃあ恒例のいきますか!   

※このブログ内だけです。流行らせようとしています。

 

はい吸ってぇーーーー(スゥーーー)
吐いてぇーーーーーーーーー(ハァーーーーーーーーーーー)

 

ちなみに吐く息を長くしたほうが、自律神経の副交感神経を刺激して体がリラックス方向に傾きます。
深い呼吸しましょう。そしてリラックスして、脳に酸素を届けましょう!

 

 

知らないうちに、無意識に、笑っているあなたになりますように

 


今回もここまで読んでくださってありがとうございました!!