とーふlist

うつ病と診断され大学を休学中。←現在、復学し前に進む準備中。人生を身軽に生きてみたい!とーふlist 。Twitterもやってます。とーふlist@tofulist

スポンサードリンク

たまに外出すると、人間が多すぎて頭の中で落下スイッチ押してる。

f:id:tofulist:20170323153628p:image

こんにちは、とーふです。
お越しいただいてありがとうございます。
 
 
今回もEvernoteを使用してブログを書き留めています!
まだ数回目ですが、無料でここまでノートアプリとしてできるなら十分だなぁと感心しています。
慣れてきたらonenoteとかと比べて、〇〇なんだよねーとか抜かすようになるのかなとちょっと楽しみにしている所です。
 
 
すいません話が脱線しました。
私はいまうつ病とか色々と診断されて、日々体調の良し悪しが変わっています。
 
そして、症状のひとつとして知覚過敏があって色んな物音とかに敏感です。一人で家にいるときは、TVとかもつけません。
田舎ですけど、一応駅前とか人が沢山いる所やうるさい所があります。
私も暮らしているからには、そんな所に行くときがあります。
 
うつの時には、もちろんそんな所に行くことすら難しいです。
躁の時には、テンションがあがって注意力散漫で周りの音とかあまり気になりません。
 
普通の時、という言い方はおかしいかもしれませんが平常時には出かけても苦手意識が半端ないです。
 
そんな時ふと思うのです。
私の手元にひとつのボタンがあったらと...
そのボタンがここにいる私以外の人間が落下するスイッチだったならと...
 
 
うん、悪いけどソッコー押してるわ私
多分だけど迷わず
 
 
何故ならば私は音だけが消えれば良いのではなく、他人がそこに存在するだけで何かしらの「音」が生まれていると感じているからです。
 
想像してしまうんです。
動き、表情、持ち物などから、本当にすれ違ったらもう2度と会わないであろう人であってもです。
 
買い物でもわりと天気の悪い日とか選びます。
人間少ないので(笑)
天気悪くてうるさい人とかもだいぶ減ります。
 
 
書いていて「私、自己中だなー」と考えさせられますけど、その落下スイッチは他人を落とす時もあれば私自身も落とすときがあります。
 
 
ちょっと世界から消えてみたい時とか(笑)←あくまでもポップに!
ここは、笑っておいてください。
 
 
代替え品というか、プランAとかプランBとかある方が気持ちが楽になります。
 
 
何が言いたいかというと「いつでも、自分は頭の中で落下スイッチのボタンを即押しできるのだ」と考えてみると外出も楽に感じられるかもしれません。ということです!
 
 
 
まとめると、自分も他人も世界も怖い。
でも思考するのは自由だ。
外の空気(考え)が怖いなら、自分の空気(考え)にすればいい。
 
外に出ることすら億劫な気持ちもよくわかります。
そんなとき私は、自分の空気だけ吸える所まで外出してみよう。ダメなら帰ってこようと自分を焚き付けます。
 
うつの人に多い完璧主義を私はいったん家に置いていきます。
やりとげなければという気持ちも置いていきます。
 
 
沢山たくさん色んな気持ち(考え)を置いていければ、頭のなかはとっても軽くなります。
 
最初から置いていけることばかりではありません。
だからこそ、最初は頭の中で落下スイッチ押してるくらいがちょうどです(笑)
 
この記事が参考になったかはわかりませんが、経験談や提案のひとつとして読んで下さればと幸いです。
 
 
 
 
ここまで読んで下さってありがとうございました!