とーふlist

うつ病と診断され大学を休学中。←現在、復学し前に進む準備中。人生を身軽に生きてみたい!とーふlist 。Twitterもやってます。とーふlist@tofulist

スポンサードリンク

無趣味のススメ。別に趣味がないからって非リア充じゃない。・・・多分?

f:id:tofulist:20170405215304p:plain

こんにちは、とーふです。
お越しいただいてありがとうございます!
※手直し移転記事です。

今日は忙しかったので、投稿が遅くなりました。

毎日更新を続けていると、更新しない日をつくるのが悪いことのような気がして嫌ですね。

楽しく更新できてこそだというのに・・・

 

 

今回はタイトルの「無趣味のススメ。別に趣味がないからって非リア充じゃない。・・・多分?」ですが、最初に言っておきます。
この記事の通りにしたって非リア充が、リア充になれるわけではないです。

 

ただ、何故世間的には「趣味とかないけど、ココはあるって言っておいたほうが・・・」みたいな考え方が浸透しているのか、疑問に思ったので記事にしてみました。

 

意外と無趣味なことに悩んでいる人は多いのです。

 

 

趣味がない人々

そもそも何故人は趣味を持たないというだけで「アッ、そうなんだ・・・。ところでさぁ~」みたいに気を使われなくてはならないのでしょうか?

 

あと常々疑問に思っているのは、世間一般的に「多趣味」の人は幸せなのでしょうか?

 

しかし非難しているわけではないのです。

むしろ色んなことに挑戦する行動力に自分は憧れます。


それでも多趣味の人では私からすると、あれもやってるこれもやってると言ってくる人が多く、またその内容もせっかく色んな経験があるのに中途半端な人が多いような気がします。

 

そういう人ほど、何だか自信がないからこそ「自分はひとりじゃないんだぞ。淋しい人間なんかではないからな!」と主張しているように感じてしまいます。

 

なぜならば、自信があればそんなこと言わなくてもいいし、そもそも人はそんなに気にしてないのでグイグイ言ってこられる方がそのことを気にして粗が目立ちます。

 

 

趣味といえば

私のような人間がパッと浮かぶような趣味といえば、
インドアならば読書や映画鑑賞、室内と考えるならばヨガ? アウトドアならば、ランニング、サーフィンやスノボ、登山や草野球、フットサルなどでしょうか?

 

または、朝活などで意識高い系にまで手を伸ばしたり、伸ばさなかったりですかね。
朝活は合理的ですし、昔から「早起きは三文の得」とも言うくらいですから時間をどう使ってみても損をすることは少ないのではないでしょうか。

 

最近は凄く趣味と言えるものが細分化してきたように思います。

ここまで細分化していると、同じ内容でもひとくくりにできないように感じます。また多趣味と言えるような人も増えてきているように思います。

 

それでもなかなか、そのことが社会生活や私生活に結びついてスキルアップしているかと問われれば難しいところです。
まぁ、スキルアップという面からではなく、楽しくそれをしていたら実益につながるのが1番理想的なカタチですと言えるでしょう。

 

 

どこで誰とするの?

部屋の中、外、スクール?
ひとりで、数人で、大人数で?

 

部屋の中でも沢山のことができるようになってきています。
インターネットにつながることで、アパートの一室や自分のベッドの中から世界につながることができるようになりました。

 

外に出て、社会に触れるようなことも大切な気がします。知らない人に出会う機会は大人になると少なくなります。
その中で、自分で自分の社会のコミュニティを拡大し、それに参加することは素晴らしいことだと思います。

 

 

そもそも、どんなときに「趣味」が必要なのか?

・人に話す時のネタにしたいから。
・時間を持て余すから。
・「ほかの人たちと比較して、自分は何だ。」と感じてしまうから。
・何よりいつでも暇人で非リア充にみられるのが嫌だから。
・ただ単に興味。

こんなことが挙げられるんじゃないんでしょうか?


たいして、必要な時は少ないですが、初対面の人や好意的に思っている人との話のキッカケに必要なのかもしれません。

 

多趣味と呼ばれる人たち、身近にそう呼ばれる人に憧れて居る人は、その一つ一つにどれだけの熱量を持っているのか考えてみた方が良いと思います。
その熱を他で使うも良し、実は多趣味といっても関連性があることも多いのでそのことを活かして私のような初心者にブログなどで紹介してみるのも新しい考え方だと思います。

 

 

好きなことを見つけるために

まず趣味がある人もない人も、「好きなこと」を思い出しましょう。

・小さな頃好きだったと言えるもの。
・自分が興味があること。←理想に近い。
・見合いの自分に必要なこと。←将来の投資。
・嫌いなもの。←なぜ嫌いなのか、嫌いという感情はそれに興味があるということに通じるから。いや良いやよも好きのうち。
・自分が1日、1週間のうちに何に時間をどれくらい使っているか考えている。←それこそ早起きすると1日が長いよ。

 

あと「私趣味は○○なんです~。」と公言する必要はないです。

 

心配しなくとも続けていくうちに、さりげなく結果は付いてくると思います。
どんなものも上も下もピンきりです。どれだけ自分がのめり込もうが、情報量・経験値・情熱全てがカンストしている人はいません。

 

生活の中で、仕事じゃないんだから「楽しい」という気持ちをもっと重要視しても良いと思います。
あくまでも持論ですのでお気を悪くしないでください。

 

 

無趣味を公言することを恐れるべからず

むしろ「私、趣味ないんだー。」とさりげなく胸を張ってください。私の好感度と親近感が上がります。


そんなことで、あなたの魅力は損なわれることもありません。

 

何もできないわけではありません。
何に対しても、どれだけ情熱をもって語れることがあるのかが、あなたを魅力的にみせてくれます。

 

格好よく言い切ることが逆に格好よいのではないかと考えます。

 

今回はタイトルの「無趣味のススメ。別に趣味がないからって非リア充じゃない。・・・多分?」ですが、もう一度言っておきます。


もう1度言います。
この記事の通りにしたって、だからといってリア充になれるわけではないということを。

 

 

ほんと別に人に言うとき正直に「趣味ないんです。」でも良いと思います。

 

ただ、好きなものを語るときは情熱を持って語れる人になりたいです。

(前回の記事の弱虫ペダルのメガネじゃないですが)
好きなものがあってもそこまで情熱を燃やせないという・・・

 

 

長くなりましたね。
今回はここまでにしようと思います。
何かいろいろ言いましたが、私は無趣味です。キリッ(`・_・´)

 

 

 

それでは・・・・・・

じゃあ恒例のいきますか!   

※このブログ内だけです。流行らせようとしています。

 

はい吸ってぇーーーー(スゥーーー)
吐いてぇーーーーーーーーー(ハァーーーーーーーーーーー)

 

ちなみに吐く息を長くしたほうが、自律神経の副交感神経を刺激して体がリラックス方向に傾きます。
深い呼吸しましょう。そしてリラックスして、脳に酸素を届けましょう!

 

知らないうちに、無意識に、笑っているあなたになりますように


今回もここまで読んでくださってありがとうございました!!