読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とーふlist

うつ病と診断され大学を休学中。←現在、復学し前に進む準備中。人生を身軽に生きてみたい!とーふlist 。Twitterもやってます。とーふlist@tofulist

スポンサードリンク

新社会人の友人の仕事がブラックかもしれない。それでも眩しく感じる無職の私。

f:id:tofulist:20170503105554j:plain

こんにちは、GWとーふです。

GWなのにこのブログにお越しいただいてありがとうございます!

 

 

GWとなると社会人になった友人たちの話を聞く機会があります。

今年新社会人となった人は初任給にテンションあがっていることでしょう。

1ヶ月お疲れ様でした。

 

今回は去年、新社会人となった私の友人と労働の闇の話をします。

 

それは去年、

新社会人の友人をもつ無職の人(とーふ)。

その友人の話を聞いて会社のブラックぶりに恐れを抱く人(とーふ)。

 

社会を低空飛行している私が、友人の話を聞いて「新社会人コワイ」と思った話です。

 

 

音信不通気味になった友人に連絡をとってみた。

地元の友人で数少ない「友だち」といる存在で、最近グループラインで既読にはなるのに音信不通気味になっている友人がいました。

私は人に対して滅多に自分から連絡は取ることはないのですが、流石に新社会人になったばかりで忙しいのはわかるけれど音信不通すぎて心配になったので連絡をいれました。

 

 

その子は教職に就いているので、とっても忙しいのはわかってはいたのですが、頑張りすぎてしまうところがあるので、ここは暇人の私から連絡してみるべきだろうと思いました。

夜に「大丈夫? 生きてる? わりと心配しています。」とラインを入れておきました。(休日)

その日には返信がありませんでした。

 

返信があったのは朝の5時。(平日)

私はその日、早朝覚醒していたのでちょうど良かったです。←いやいや

やっと連絡が取れました。

 

 

友人からラインで電話がきた。

久しぶりに声を聞いて話を聞いてみると、今電話しているのも準備ができて仕事の用事で高速に乗っているところだそうでした。

 

1年目から体育会系の部活の顧問を持っている友人は、主顧問で副顧問がいないので休みも部活の指導に忙しくてハンパないそうです。

それに毎日5時半起きで、7時には学校に到着しておかなくてはならず、毎日帰るのは22時~23時くらいになるとのことでした。

 

聞いているだけで、胃が痛くなりそうな内容ばかりでした。

人手が足りないからといって、新卒でこんなに仕事量をもたせても良いものなのかと黒い匂いを感じました。

 

昨日の私からのラインも、帰ってくるのが遅くてみることができず、朝の返信になったとのことでした。

私は「電話しても大丈夫なのか? 気を使ってないか?」と聞きましたが、逆に「電話してしないと寝そうだ。」と笑っていました。

 

バイタリティー溢れる友人ですらこんな風になっているのだから、私なんて吹いて飛ぶよなと思いました。

黒い匂いと書きましたが、普通に労働基準で考えたら真っ黒?

 

 

・・・間違いない、ブラックです。会社の場合「社畜」というけれど、公務員? とかだと国だから「国蓄」?

もう友人は立派な社会人(国蓄)でした!

 

 

働くことは、若輩者にとってはブラックなのか

話を聞けば聞くほど、新社会人にとって1年目はブラックなのが当たり前なのだろうかと、働いてもいないのに恐れを抱きました。

確かに1年目はホワイトなところは少ないかもしれないけれど、こんな黒くなくても良いんじゃないかと思いました。

 

自分なら1週間で吐血する内容だと思った。

改めて友人の根性に尊敬の念を抱かずにはいられなかった。

 

友人だからこそ辞めないでいるとも思いました。

友人曰く「ここの学校を体験したら、他の学校は楽勝に感じると思うよ(笑)」と言われたそうです。←(笑)じゃねーよ!! わかってんなら改善してくれよ!!

 

友人は非常勤というか、教師ではなくて講師という立ち場なので「更新」というものがあります。

 

 

そのため「来年の更新はない。絶対に。(真顔)」と言っていました。

電話だったので顔はみていませんが、声のトーンはガチでした。

そんな内容を1時間ばかり聞いていました。 ※朝の6時半くらい。

 

 

社会というものが黒すぎて、自分が小さく思えた。

人は大自然をみると、体感すると自分の存在がちっぽけなものに感じるといいます。

私は友人の話を聞いて、「人間コワイ」とアルバイトもできないでいるのが情けなくなりました。

 

ゆとり世代と言われるが、友人のようにこんなに頑張っている人がいることを伝えたいです。

そして、上司の方にはもう少し部下の体調管理に目をやって欲しいと思います。

 

こんなに人生ハードモードなのかと思うと、自分って甘いなと感じました。

いつも、話に出た友人には勇気やパワーをもらっています。

 

教師ということではなく、講師という立場なので1年契約ですからとうとう今年の3月で1年経ちました。

果たして、友人がどのような決断をしたのかを落ち着いた頃に聞いてみたいと思います。

1年後・・・

→辞めてました! でも次の職場もハードモードでした! 世知辛い! 友人ファイト!

 

 

私は私のできることを

私の体調には「波」があります。

それは大きなものだったり、小さなものであったりします。

 

良い波に乗って、自分のできることをしたいです。

それはバイトであり、資格習得であり、何かを学びに行くことでもあります。

 

近い未来で、情けない払拭して、友人にとって「私の友だちのとーふって、○○なんだ!」と言ってもらえるようになりたいです。

 

 

まとめ

できないことはあります。

しかし、できることもあるのも事実です。

 

私は、立ち止まって動けなくなってしまっています。

世の中、ホワイトだけじゃやってられません。ブラックもあって、ほとんどがグレーゾーンです。

 

その中で、自分の適性を見出す方が楽になるかもしれませんね。

1つのことがダメでも、全てのことの適性がないわけじゃありません。

可能性はいつでもゼロではなのです。

 

 

ちなみにこの記事は、読んでくださっている読者の方に伝えると同時に、私に伝えるものです。

今日はここまでです。

 

 

 

それでは・・・・・・

 

じゃあ恒例のいきますか!   

※このブログ内だけです。流行らせようとしています。

 

はい吸ってぇーーーー(スゥーーー)

吐いてぇーーーーーーーーー(ハァーーーーーーーーーーー)

 

ちなみに吐く息を長くしたほうが、自律神経の副交感神経を刺激して体がリラックス方向に傾きます。

深い呼吸しましょう。そしてリラックスして、脳に酸素を届けましょう!

 

知らないうちに、無意識に、笑っているあなたになりますように

 

 

今回も、ここまで読んでくださってありがとうございました!!